QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 29人
プロフィール
Takeo Ishii
Takeo Ishii
ライター、カメラマン、パフォーマー、射撃場アドバイザー、映画評論家
オーナーへメッセージ

2017年06月24日

SIG SAUER P320


photo by Taka
1年ぶりにグアムへ来ております。

photo by Taka
手に取った瞬間の第1印象から“良い!”と思える銃でした。

photo by Taka
しかしただ撃つだけじゃなく、実際に試合で使ってみないと何もワカリマセンからね〜。

photo by Taka
ここんとこ毎日、ドロウ&ファイヤを練習しています。各専門誌でもレポートする予定ですよ♪  

2017年06月16日

6.11(日)開催「第12回ELITE OPERATORS」part-3


6月11日(、神奈川県大和市のF.O.B.にて、2ガンマッチエリートオペレイターズの第12回本大会の様子をお伝えしています。

サイドマッチのRELOADは、その名の通り途中にライフルのリロード(=マガジンチェンジ)が挟み込まれるステージです。

6m、7mではニーリングもあって、

その状態でのリロードも課せられます。



リロードマッチで48枚満射して優勝したのはショウタ君。葉隠マッチ2017でも優勝した若きホープです。

表彰式の模様です。賞品も貰えます。


毎回異なる色で製作されているエリートオペレイターズのパッチ。

3つある各競技で48枚満射した人だけが貰えるキャップです。






  

2017年06月15日

6.11(日)開催「第12回ELITE OPERATORS」part-2



参加されたほぼ全員の写真です。


ライフル、ハンドガン、それぞれ皆さんどんな装備を使い、どんな構えで撃っていたのか?





































続く……
  

2017年06月14日

6.11(日)開催「第12回ELITE OPERATORS」part-1


6月11日(、神奈川県大和市のF.O.B.にて、2ガンマッチエリートオペレイターズの第12回本大会が行われました。

前回よりグーンと増えて参加者は25名! レンジのキャパいっぱいいっぱい! という感じでした♪

スタート姿勢はロウレディ。

合図と共にライフルを振り上げ、6cmプレートを撃つ。

続いてハンドガンにトランジットし、

10cmプレートはハンドガンで撃つ、というのがエリートオペレイターズの基本ルールになります。

標的1枚に対し、撃てるのは1発だけ

撃ち直しはナシ。制限時間内に一発必中の射撃を繰り返す……という内容になります。

国内開催のシューティングマッチでは最上級に厳格なガンハンドリングが求められますが、主催のヒラノさん(奥=日本を代表するTOPシューター。IPSCやU.S.STTEEL、Bianchi Cup等、実銃マッチでも数々の実績あり)が懇切丁寧に進行してくれます。

ハードなマッチを楽しめるのはもちろん、本格的なタクトレを受講したのと同じだけ自らの成長を実感できる内容だと思いますよ。

今回もぼくは東京マルイ/ガスブロM4A1 MWSを投入♪ 1月ほど前にハンドガードをNOVESKEタイプの細いヤツに替えました。

ダットサイトはNOVELARMSSUREHIT M4sです。

ハンドガンはマルイ/ハイキャパ。軽すぎる銃はどうも性に合わず、タニオ=コバ製のHWスライドとアルミアウターバレルを搭載しています。

同じく主催のヤダさんです。

今回は参加された全選手(一部顔出しNGの方は除く)の銃を構えている近影を撮りましたよ。
次回載せます。続く……

  

2017年06月09日

楽しみ♪ 明日は今期本大会前最後のAPSハンドガン公式戦!


先週土日は蔵前工房舎APS週末会ふじみ野APS練習会に2日連続で参加しましたが、あまり調子が良かったとは言い難い。

でまあ、性懲りもなく今週の平日は毎晩、グリップを弄ってましたよ。
握っちゃあ、構えちゃあ、パテを盛って、削って、塗装して。
結局、今はこんな風に指のシワ1つ1つにまで合わせてしまってます。

ピタッ!
ん〜、もうこれ以上はやる事がない(笑)

明日はぴっちょりーなもまた来るんでしょうか?
まだキャリアは浅いんですが、ガンハンドリング(=銃口意識)がピシッ!としてて、イイですよね、彼女!

協会様のブログによれば、明日も参加者100人超えだそうですよ♪

一緒に参加する皆様、明日は楽しい一日を過ごしましょうね。
あ〜! プレート満射してみたい!   
Posted by Takeo Ishii at 23:19Comments(0)Shooting/トイガンAPS

2017年06月02日

5.27(土)ライフルクラス公式記録会


写真を並べるだけで誠に乱暴ですが、さる5.27(に開催された第27期APSカップ/ライフルクラス公式記録会のご報告です。

“最も中(あた)る銃を作った……かもしれない男”、バットン オーツカ氏。


素晴らしいクオリティの手作りのストック。

この方のストックも年代物の素晴らしい逸品だそうです。


木スト、格好良いですね♪


昨年からのトレンドはこちら、蔵前工房舎謹製のアルミ フルアジャスタブル ストック。

蔵前週末会・幹事のMaster野口さん。

蔵前工房舎オーナー、桑田富雄社長。今回も目が醒めるようなブルーで美しく塗装された新作を投入。

妻のケイコです。今期のライフル公式ではぼくと同点(178点ー4X)でフリーサイト部門1位。


SR-2を砂漠迷彩にしたカッコ良いライフル。

こちらもSR-2。まだ競技を始めたばかりなのにグングン上達しているナガシマさん。

M4のサイトってのも狙い易いんですよね。ぼくも以前はこのセッティングでやってました。


毎回「台風の目」になるヤマモトさん。今回の公式はやや不調でしたが、本大会では表彰台の可能性充分にある方です。

ライフルクラスでは持参する道具が多いので控えスペースはこんな感じになります。
常に銃口カバー装着が徹底されている事でこの状態が可能になってます。

前回の公式でもそうでしたが、プレート標的の機材がとても不調でした。
たまにしか出して使わないので協会様のチェック体制が甘かったのだと思います。
ライフルの公式ももっと開催してください(笑)!

ムーバー競技。

この方のストックも相当な逸品らしいです。構えも綺麗です。

前回(4.30()同様、全競技2レーン体制で開催して頂き、スムーズに進行しました。
このレイアウトは私が協会様に提案したんですよ♪ 上手く行って良かったです。

マッチディレクターの関さん。いつもありがとうございます。
フルマラソン42.195kmを3時間以内で走るサブ3(スリー)目前だという素晴らしいランナーで、今年のGWは250km!の超長距離レースを完走されました。
競技者マインドを理解されている方だからこその素晴らしい運営、毎回頭が下がります。

APS公式での読み上げ(ハンドガン=プレート、ライフル=ムーヴァー)を一手にご担当されるのは登田(とだ)さん。
音楽活動で喉を鍛えていらっしゃるからこそ、一定のリズムと抑揚で数時間もコールが続けられるのだと思います。プロの技が光ってます。

後片付けを参加者みんなでやるのは、APS公式戦のみならず、会場を借りて行うシューティングマッチではもはや当たり前の事ですね。
みんなもう慣れたもんです。

表彰式の模様。今回は季節の変わり目だったせいか、上位陣のスコア自体は低迷気味でした。
ま、そうなると(=試合が荒れ気味になると)石井家のチャンス♪ってわけです(笑)。

37名が参加されました。
ライフル公式戦も3競技×2レーンレイアウトで、ぼくの手元計算ではありますが理論的には時間内にこの倍=72名まで捌けます。
ただし待機スペースにはもう一工夫必要でしょうが、アイデアはあります。  
Posted by Takeo Ishii at 08:54Comments(0)APS

2017年05月26日

絵に描いたような……<SATマガジン最新号>


出た〜! 絵に描いたような分かりやすい(笑)女スパイ!
ちょっと昭和っぽい感じかも。

手にしているのはワルサーP99FSサイレンサーモデル
MARUZENさんの新製品です。


モデルはリンちゃんこと紫鈴蛇(しりんだー)さん。


SATマガジン最新刊2017年7月号、明日(=5.27土)発売です♪  
Posted by Takeo Ishii at 19:03Comments(2)日記

2017年04月03日

3週連続マッチでした

あっというまに3週間が経ってしまいまして……



今回もギミックがもの凄かった、
3月19日(日)Nippon IDPA 2017 Japan National




今回も熱く戦った、
3月26日(日)2ガンスペシャリスト2017




そして昨日=4月2日(日)第27期APSカップハンドガンクラス公式記録会でした。
ついに参加者は100人超え108名だったそうです)!

全く違ったエアガンのマッチ3連戦。成績が良かったのもあったし、悔しかったのもありましたが、毎週末を楽しく過ごせました。
ご一緒した皆さん、初めましてだった皆さん、お久しぶりの皆さん、ありがとうございました。
また射撃場で会いましょう。


2005年から乗り続けている愛車ももうボロボロです。
ボンネットの塗装というかコーティングがハゲハゲで悲惨な事になってるのは別に構わないのですが、エンジンも不調(走行時は問題ないのですが、アイドリングが不安定)で、いつも利用している近所の修理工場からは「次の車検(=今秋)は通らない」と言われてます。

なのでGWごろを目処にクルマは買い換える計画で、今週は仕事の合間を見て自動車屋を廻る予定です。
このBMWと一緒にマッチに出掛ける機会はおそらく、4月16日(日)Novelarms Presents葉隠マッチM-6が最後になるでしょう。

  
Posted by Takeo Ishii at 11:24Comments(0)Shooting/トイガン日記

2017年03月15日

点検しなきゃダメじゃん!


家からクルマで20分ほどのところにある「撃鉄(げきてつ)」というショップさんです。


ご覧の通りの綺麗な射撃場があって、時々利用させて貰ってます。


確定申告も終わった事だし、今日は午後からこのガンを持って出かけました。もちろんIDPAのコソ練にね♪
しかし……


ウィルスンタイプのマガジン5本、しばらくぶりで使ったら、ガスを入れる側から底部からブシュー! それも5本とも全部。
撃てねぇじゃん!
なのでまた20分クルマで走って戻って、マグを分解して各ラバーパッキンを点検。
ヒビ割れとかはしてなかったみたいなので、掃除しながらフロッグルーブを塗り塗り。
で、レンチでしっかり増し締めしました。


ミントの香りがする緑色のグリースです。
実銃のメンテナンスに使う万能オイル、ってトコなんですが、トイガンにも重宝しますよ。
ガスガンのパッキン関係は、ときどきコレを塗って潤いを与えておくと。なんとなく寿命が延びる感じがします。


LEMサプライさんとか、OTS直営のプロショップELITE(エリート)で買えますよ。

それはイイんだけど、家を出る前にマガジンを点検してりゃあなぁ!

1時間ぐらい頑張りましたけど、腕も落ちてるし、スタミナがなくなったなぁ。
ともあれ、金曜にまた撃鉄さん、行こうと思います。  
Posted by Takeo Ishii at 23:16Comments(0)Shooting/トイガン日記

2017年03月14日

Nippon-IDPA 2017 Nationalsで使う銃


今回使う銃はこんな感じ。タニオ=コバ製HWスライドのついたマルイM1911A1です。
リコイルSPガイドもタニオ=コバ製のフルレングスですからそれなりに重いです。
どうも銃は重めの方がぼくの場合は良いみたい。
BB弾は0.25gを使います。


ダブルエントリーで使うライフルはこれです。
発売以来、気に入ってずっと使い続けているマルイのM4A1 MWS(ガスブローバック)で、現在はこんな形になってます。

今週の日曜、久々のIDPAマッチ。
たぶん3年ぶり? 楽しみです。


この前の土曜日、蔵前工房舎APS週末会で幹事のMasterさんがみんなに振舞ってくれた、金沢土産の金箔カステラです。
  
Posted by Takeo Ishii at 22:24Comments(0)Shooting/トイガン

2017年02月22日

第11回ELITE OPERATORS本大会/part-3


エリオペ本戦の2競技(フリースタイルとアンビデクストラウス)終了後は、サイドマッチの「RELOAD(リロード)」が行われます。


その名の通り、ライフルのリロード(=マガジンチェンジ)が挟まれます。
あと、本戦には登場しないニーリング(=膝撃ち)の姿勢も6mと7mで要求されます。


リロード競技に初参加の方が居られましたので、ヒラノさんからまたまた特別講習会。
マガジンを落としてしまった場合、勝手に拾わないのがここでの大切なルールになります。


待機所には大型モニターが設置され、選手の四苦八苦を他の参加者が見てワイワイやるのが楽しいのです。


サイドマッチ「リロード」の結果です。
ぼく優勝してしまいました♪ でもあと1枚中(あた)っていればクリーン(=満射)だった……残念!


参加者が少ない場合はオプショナルマッチも開催されます。
本場のIPSCや3ガンマッチの出場経験もあるヒラノさんが、毎回趣向を凝らしたアクションステージを考案し、参加者を最大限楽しませてくれます。
この日は本戦の順位に応じて即席に組まれたペアで「ライフル狙撃」と「ハンドガンスピード射撃」の担当に分かれてのトーナメント戦でした。


トーナメントの結果です。敗者復活戦も含んだ13の対戦が行われ……


T兄&林さんペアが優勝しました!


これからもエリートオペレイターズは参加者が最高に楽しめるイベントでありたい。しかしながら、参加人数を増やしたいからといって難易度を下げたりする気はない。敷居が高いな…と思っても敢えて門を叩いてくれる勇気を持った人を今後も迎えたいし、本気になってひたむきに頑張って練習した人が結果を残せるような競技であり続けたい。

最後に主催のヒラノさんから熱いメッセージが贈られました。


第11回エリートオペレイターズ本戦の結果です。


今回の本戦TOP3シューターズ。


次回=第12回エリートオペレイターズは6月に開催予定と発表がありました。また練習を積んで参加したいと思います。


SATマガジン2017年3月号別冊
写真集:日本の特殊部隊
Amazon発売日初日に完売。全国の書店でも売り切れが相次いでいるそうです。
すでに法外な値段でのプレミア価格売買も始まっているとか。

SAT通販にはまだ数十冊在庫があり、定価で買えるので告知してほしいと編集部から依頼されましたのでここにお知らせ致します。  

2017年02月21日

第11回ELITE OPERATORS本大会/part-2




まずライフルで両端に2枚づつある6cmプレートを撃ち、その後ハンドガンに持ち替えて中央の10cmプレート2枚を撃ち倒す、というのがエリオペの基本ルールです。一回に撃てるのはライフルが4発とハンドガン2発のみ。制限時間は4mが6秒、5mは7秒、6mで8秒、7mで9秒になってます。


ライフルで4発の精密射撃後にズバッ!と抜いて撃つハンドガンの2発が難しいんです。
制限時間も迫ってますから焦って外す事が多いのです。
かといってあまりにもゆっくり狙っているとタイムオーバーでプレートがガチッ!電磁石でロックされてしまいます。


プレートのロック機構を点検するスタッフを兼ねた参加者。F.O.B.の会員がボランティアで務めます。
完璧な試合を運営しようとすると、細かいところにも常に目を配らないといけません。


第2競技のアンビデクストラウスでは、ライフルで撃つ左右2枚づつの6cmプレート射撃の間に「ショルダースイッチ」が義務付けられます。
制限時間は4mが7秒、5mは8秒、6mで9秒、7mで10秒にやや延長になります。


ハンドガンを吊っている側のショルダーがストロングサイドという事になりますので、サウスポーのシューターは左側から撃つ事になります。


やはりF.O.B.会員から成るボランティアスタッフがラインジャッジを務め、各参加者のスコアを正確に記録します。


撃ち終えた選手はスコアを必ず自分の目でチェックし、用紙にサインをします。


レンジに隣接した待機所ではこんな感じで和やかに過ごします。
ここではマガジンにガスやBB弾を込める作業はできますが、銃(ハンドガン)にマガジンを挿したりしてはいけません。
ライフルは原則、ここには持ち込めないことになっています。

続く……


SATマガジン2017年3月号別冊
写真集:日本の特殊部隊
Amazon発売日初日に完売。全国の書店でも売り切れが相次いでいるそうです。
すでに法外な値段でのプレミア価格売買も始まっているとか。

SAT通販にはまだ数十冊在庫があり、定価で買えるので告知してほしいと編集部から依頼されましたのでここにお知らせ致します。  

2017年02月20日

第11回ELITE OPERATORS本大会/part-1


2月19日(日)、神奈川県大和市のF.O.B.にて、2ガンマッチエリートオペレイターズの第11回本大会が行われました。


参加者は16名とやや寂しかったです。
年度末を控えた急なお仕事や他でもイベントがあちこちで行われていた週末でもあり、直前でのキャンセルが相次いだ……との事でした。



でも参加人数に左右されず、内容的にはいつも最高なのがエリートオペレイターズです。
恐らく国内で開催されているシューティングマッチでは最上級に厳格なガンハンドリングが求められますが、主催のヒラノさん(日本を代表するTOPシューター。IPSCやU.S.STTEEL、Bianchi Cup等、実銃マッチでも数々の実績あり)が懇切丁寧に教えてくれます。
参加すればハードなマッチを楽しめるのはもちろん、本格的なタクトレを受講したのと同じだけ自らの成長を実感できる内容だと思いますよ。


ライフルはガンラックで一括管理され、待機所に持ち込んだり勝手にいじったりできないシステムです。

続く……


SATマガジン2017年3月号別冊
写真集:日本の特殊部隊
Amazon発売日初日に完売。全国の書店でも売り切れが相次いでいるそうです。
すでに法外な値段でのプレミア価格売買も始まっているとか。

SAT通販にはまだ数十冊在庫があり、定価で買えるので告知してほしいと編集部から依頼されましたのでここにお知らせ致します。
  

2017年02月20日

<500g=ISSF規定合致ではあるけれど>LE2017のトリガーはやっぱり重いので……


APS-3 LE2017 ゲットしました!


やっぱりカッコイイし、よく中(あ)たる〜!
土曜日の蔵前工房舎週末会はLE2017祭りでしたよ。


でもねでもね、ISSF(なんの事か気になった人は調べてみて!)の国際規定に準拠したトリガープル500g(以上)は、やっぱりAPSカップ競技に使うにはやや重すぎるみたいなんですよね。これ恐らくゲットした人の多くがそう感じていると思います。


知っている人はもう知っていると思うのでバラしますけど、LE2017搭載のSUS製シアA&Bを製作したのは桑田商会さんです。
でも桑田商会で従来扱っていたSUSシアA&BとLE2017搭載版とでは、マルゼンさんの意向でセッティングが微妙に異なっているそうです。


LE2017は「ビアスレ競技や近代5種などに出場する人のための練習機材」という側面もあり、また今シーズンからAPS競技に挑戦するビギナーの方が万が一にも暴発などしないために、敢えて国際基準である500gちょうどに、その代わり、切れ味の良さを追求したセッティングになっているのですね。


ぼくのLE2017に桑田商会製のSUSストライカーだけを一切無加工&グリスアップだけで取り付けた所、トリガープルは500g→380gまで軽くなりました。

LE2017の発売に合わせるように桑田商会からリニューアル&リリースされた「New SUSシアA&B&ストライカー」セットに換装すると220gまで持って来られました。ご自分でAPS-3の完全分解ができる方はこれをお使いになると良いでしょう。

でも桑田社長にフルカスタムをしていただく事がなんと言っても最高でしょう。
週末会のメンバーには、LE2017を150gという超フェザータッチにチューニングして貰った方もいらっしゃいます。
詳細はここでは書けないのですが、トリガープル軽量化の他にも桑田社長直々に眼からウロコのカスタム技の数々を土曜日は習えて、本当に最高でした♪


そして先週の土曜日、2.11のAPSハンドガン公式、参加された皆さん、お疲れさまでした。




真剣に競技の運営をして下さったJASGスタッフの皆様、いつもながらにありがとうございました。


COMBATマガジンの企画でぴっちょりーなが2度目の参加。
今回は昨年6月の初出場時スコアを更新できなかったみたいで残念でしたが、


彼女の銃口意識がとても高く、ガンハンドリングが綺麗だったのでぼくはヒジョーに感心。ますますファンになってしまいました。
コッキングの際は構えを解いて逆の足を引き、常に銃口がターゲットに向くよう配慮していました。
そしてトリガーフィンガーは誰がどう見ても安心感のある“ピッ!”とした伸ばし。う〜ん、素晴らしい! ぜひ一度、ぼくらのAPSホーム=蔵前工房舎にも来てください!


あ! それはもしかしてぼくのと同じメガネレンズ?嬉しいな。的がクッキリ、よく見えたでしょ?



参加者は98名でしたか? 本当に大勢で、いろんな意味で凄かったですね〜。
でも次回からはこれだけの人数が集まった場合、本大会のように20〜30人ぐらいづつのグループ(=射群)に分け、時間帯を分けて進行した方が良いのでは?
と思いました。

最後にぼく個人の成績ですが、ブルズ「96-5X」、「プレート10枚=40点」、「シルエットS15、P18=33点」
合計169点-5Xで、ダットサイトを載せるフリーサイトクラスでの自己ベストではあったものの、Expert昇格(相当)にはあと1点足りない結果でした。
トリプルグランドマスターへの道は、これまた遠そうですなぁ……  
Posted by Takeo Ishii at 01:09Comments(0)Shooting/トイガンAPS

2017年02月12日

桑田社長がTVに出てた♪


今朝=2月12日(日)朝7:30〜TBSの経済情報番組、がっちりマンデーに、ほぼ毎週土曜日にお世話になっている蔵前工房舎のAPS射撃場と桑田富雄社長が出演されていました!


APSカップの説明もかなり正確に丁寧にされました。


ライフルクラス/プレート競技の小ジャマーを狙う桑田社長

見事に撃ち抜き、ドヤ顔の桑田社長

カスタムガンを製作する渋いお姿。BGMも最高でした♪

LE2017の発売日が2月16日(木)らしいので、取りに行きます!

  
Posted by Takeo Ishii at 23:42Comments(0)Shooting/トイガン日記APS

2017年01月23日

美味しかった!<PMC2017第1戦@滋賀> 楽しかった!


撮影:晴れ晴れショーさん



取り急ぎ、今回のリザルトです。


第16代新名人誕生で盛り上がりました!



24名参加/35エントリー/総チャレンジ数66
昨年よりややスケールUPで無事に開催できました。
主催の哲也さん
会場をご提供くださったハイロンサム蔵美吉田オーナー
そして各地からご参加頂き熱い射撃を魅せて下さった参加者の皆様
ありがとうございました。


今回はむしろこっちがメインだった?
最高なハイロンサム蔵美グルメに舌鼓を打った、前夜祭の一コマです。

詳しいことは明日書きます♪  

2017年01月18日

今週末公開、『ザ・コンサルタント』


©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

<作品DATA>
監督:ギャビン・オコナー
出演:ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、J・K・シモンズ、シンシア・アダイ=ロビンソン、ジョン・バーンサル、ジョン・リスゴー
2016年/アメリカ映画/原題『The Accountant』/131分
配給:ワーナーブラザース映画
公式サイト


©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

実はワタクシ、2010〜2011年にかけて、近所の簿記スクールに通ってました。
10代20代の頃と比べて学力が著しく低下していてとても苦労しましたが、何とか「日商簿記2級」の資格なども取りました。というわけで現在は経理業務も仕事の一つなのですが……申し訳ない(笑)趣味みたいに楽しんでます。
帳簿付けとか会計DATAの整理や分析。そういう作業が自分は案外、好きだったんでしょうね。
なので表の顔は「会計士」、裏の顔は「殺し屋」という設定からして、この映画は好みでした。


©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

主演のベン・アフレック、自身の監督作ザ・タウン(2010年)の時もそうでしたが、なかなかガンさばきが良いですよ。
そしてこの主人公にはある重大な弱点……というか特徴があって、それが作品に独特な味わいを与えています。


©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

彼を追うFBIの捜査官も渋い俳優たちが演じてます。セッション(2015年)が素晴らしかったなぁ、J・K・シモンズ

ネタバレになるのであまり深くは言いませんが、アフレックさんにはもう自身が主演でシリーズ化の決まっているバットマンと並行して、こっちもシリーズ化できるように頑張って欲しいですね〜。


============================================================

今週末です
The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
Series 2017開幕戦
in 滋賀@ハイロンサム蔵実(くらま)


本日時点での暫定オーダー(撃ち順)です。

開催日:2017年1月22日( 11時~17時10時開場)


※ 前日の1月21日(公式練習会&前夜祭(=宴会)の予定です♪


会場:ハイロンサム蔵実(くらま)
   滋賀県東近江市八日市本町2-8
   ※近江鉄道「八日市」駅より徒歩一分 

参加費:
シングルエントリー¥2,000
ダブルエントリー¥4,000
トリプルエントリー¥6,000


エントリーフォーム
お問合せ:pmc_committeeあっとまーくyahoo.co.jp


※PMCはJANPS 2017優先エントリー権獲得マッチに認定されています。
規定条件:第1競技=プレート(フリースタイル)1回目の試技48枚満射   
Posted by Takeo Ishii at 18:00Comments(0)映画レビューJANPS/Plate Master

2017年01月05日

2017の撃ち初めは「2017」でした♪


昨日、専門誌のレポート用にお預かりしている試作品を蔵前工房舎APS公式規格レンジにて丸一日テストファイヤしておりました。


特に10mのシルエットを確実に獲れる能力があるかどうか? を重点的に検証しました。


意外に大勢いらしてましたので、この銃で試合形式も廻ってみました。
実践的にテストするのが一番ですからネ。



卓越の特別仕様が結果にどう反映されたのか?
1.27発売のSATマガジンにて。


APSハンドガンクラス、今期はフリーサイトクラス(=ダットサイト載せ)で頑張ろうと思います。

============================================================
ココロが熱いうちに撃て!
2017年シリーズ始動!
The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
Series 2017開幕戦
in 滋賀@ハイロンサム蔵実(くらま)

開催日:2017年1月22日( 11時~17時10時開場)


※ 前日の1月21日(公式練習会&前夜祭(=宴会)の予定です♪


会場:ハイロンサム蔵実(くらま)
   滋賀県東近江市八日市本町2-8
   ※近江鉄道「八日市」駅より徒歩一分 
 

内容:横1列に6個並んだ直径10cmのターゲットを撃ち倒す、シンプルで奥が深い競技です。

参加費:
シングルエントリー¥2,000
ダブルエントリー¥4,000
トリプルエントリー¥6,000


エントリーフォーム
お問合せ:pmc_committeeあっとまーくyahoo.co.jp


※PMCはJANPS 2017優先エントリー権獲得マッチに認定されています。規定条件/第1競技=プレート(フリースタイル)1回目の試技48枚満射   
Posted by Takeo Ishii at 11:51Comments(2)日記APS

2017年01月01日

2017 Happy New Year ! 今年もよろしくお願いします!


今年=2017年が素晴らしい一年になりますように。

============================================================
ココロが熱いうちに撃て!
2017年シリーズ始動!
The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
Series 2017開幕戦
in 滋賀@ハイロンサム蔵実(くらま)

開催日:2017年1月22日( 11時~17時10時開場)


※ 前日の1月21日(公式練習会&前夜祭(=宴会)の予定です♪


会場:ハイロンサム蔵実(くらま)
   滋賀県東近江市八日市本町2-8
   ※近江鉄道「八日市」駅より徒歩一分 
 

内容:横1列に6個並んだ直径10cmのターゲットを撃ち倒す、シンプルで奥が深い競技です。

参加費:
シングルエントリー¥2,000
ダブルエントリー¥4,000
トリプルエントリー¥6,000


エントリーフォーム
お問合せ:pmc_committeeあっとまーくyahoo.co.jp


※PMCはJANPS 2017優先エントリー権獲得マッチに認定されています。規定条件/第1競技=プレート(フリースタイル)1回目の試技48枚満射   
Posted by Takeo Ishii at 12:23Comments(0)日記

2016年12月30日

<PMC 2016>年間ランキング発表<おめでとうございます!>


このところずっと続いてたPMC2016ファイナルネタ、今夜で終了です。
Sueさんのブログ素晴らしいレポートをして頂きました。
開催を続けてきて本当によかったな〜と思いました。


今夜はシリーズ2016 年間ランキングの発表です。
今期は全4戦を開催しましたので、上位2戦のポイント合計によって算出致しました。
当然ですが2試合以上出ていない方は不利になります。また、
①エントリー数の多い試合に出た
②総合やカテゴリー、部門での入賞(3位以上)があった
Master名人への昇格があった

ほどポイントが多くなるシステムになってます。



総合(OPEN)1位まうさん!


総合2位は9月に念願の名人位を獲得された矢田さん!


総合3位にはSueさんが入りました!



アイアンサイトの年間1位は私が頂きました!
自分で言うのもナンですが、このカテゴリーはちょっと狙い目(=穴場)だと思います。



タクティカルカテゴリーの年間1位アベちゃん(左)!








1年間、ご参加ありがとうございました。
2017年もハラハラドキドキと一体感を一緒に楽しみましょう!

最後に、シリーズ2016=全4戦の結果を受けての自己ベストランキングです。





今期=シリーズ2016からのルール改正に伴い、名人Master以外の階級は廃止致しました。

また名人Masterで2016年に参加されなかった方々はお名前だけ掲載、スコアが入っておらず、色も白く抜いて掲載しております。
それ以外(旧Expert以下)でシリーズ2016にご参加頂けなかった方々については、まことに恐縮ですがランクリストから除外させて頂きました。またご参加いただく際にはニューカマーとして扱います。

============================================================
ココロが熱いうちに撃て!
2017年シリーズ始動!
The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
Series 2017開幕戦
in 滋賀@ハイロンサム蔵実(くらま)

開催日:2017年1月22日( 11時~17時10時開場)


※ 前日の1月21日(公式練習会&前夜祭(=宴会)の予定です♪


会場:ハイロンサム蔵実(くらま)
   滋賀県東近江市八日市本町2-8
   ※近江鉄道「八日市」駅より徒歩一分 
 

内容:横1列に6個並んだ直径10cmのターゲットを撃ち倒す、シンプルで奥が深い競技です。

参加費:
シングルエントリー¥2,000
ダブルエントリー¥4,000
トリプルエントリー¥6,000


エントリーフォーム
お問合せ:pmc_committeeあっとまーくyahoo.co.jp


※PMCはJANPS 2017優先エントリー権獲得マッチに認定されています。規定条件/第1競技=プレート(フリースタイル)1回目の試技48枚満射