QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 29人
プロフィール
Takeo Ishii
Takeo Ishii
ライター、カメラマン、パフォーマー、射撃場アドバイザー、映画評論家
オーナーへメッセージ

2016年07月01日

メガネが出来上がりました〜♪<きっと射撃に最高な眼鏡レンズ=ネオコントラスト>


おー、美しい……!
どことなくミステリアスな輝きを放つ、薄紫色のレンズ……


現在発売中のCOMBATマガジン8月号。その取材で訪れたのが、都内に数店舗を展開する眼鏡レンズ専門店れんず屋様。


取材のメインテーマは今回の記事にあったようにWILEY-Xさんとの2年ぶりのコラボレーションで、


これからこのWX-VALORというフレームを用いて、

①ハイカーブグラスの視界の端でも充分な視力が得られる究極の光学性能を有する度付レンズ。(HOYA)
②他社では不可能なレベルの非常に濃いスモークブラック(可視光遮断率85%)を乗せられるハイカーブ対応耐衝撃度付レンズ。(Kodak)
③史上初めて「偏光・調光・コントラスト」の3機能を同時に満たすハイカーブ対応耐衝撃度付レンズ。(ICRX)

以上、各社が誇る最先端の度付対応ハイカーブレンズ3種類を同時に比較使用し、レビューしようというプロジェクトになっております。
今後もWPP刊各誌で継続展開されますのでご期待下さい。


さて、その時に「れんず屋」代表の古屋さんに“サブで”ご紹介いただいたのが、例のネオコントラストという薄紫色のレンズ


詳しくは前の記事を見て頂くとして、一昨日、ついにカタチになりました〜!
陸自迷彩のメガネケースが良いですね〜! これは「れんず屋」さんのオリジナル商品です。

ちなみにお値段ですが、もう10年も愛用している大好きなKAZUO KAWASAKIブランドのフレーム持ち込みで、
レンズが1枚10,000円(税別)×2
ツーポイント対応への加工賃が3,000円(税別)
レンズ形状変更(※プローン射撃に対応するため上側ラインを6mm延長)加工賃3,000円(税別)
総額 26,000円(税別)でした。

ネオコントラストレンズ、発売当初は25,000〜30,000円/1枚もしていたそうですが、現在は価格がかなり落ち着いてこの程度の予算で作れるそうです。
ハイカーブレンズにも一応は対応しますが、現段階での耐衝撃性は通常のプラスチックレンズの域を超えない事、コントラスト機能を最高レベルで発揮させたいなら通常メガネ用の非球面レンズで製作したほうがベター、とのご意見で、今回はこのように出来上がりました。


れんず屋さんではWILEY-XやESS、もちろんOAKLEYも幅広く取り扱っておられます。
スポーツグラスやミリタリーアイウェアに特に詳しいメガネ屋さんというのはぼくたちには嬉しいですね。


これはレンズそのものやコーティングの歪みを可視化するフィルターです。
こうした特別な道具も駆使しつつ、プロの方々は日々レンズの研究をなさっているのですね〜。


ネオコントラストを使用したオーバーグラスやクリップオンもれんず屋さんの全店で試供品が用意されていて試せます。
それぞれ6,000〜7,000円(税別)程度で販売もされていますので、普段のメガネの上に装着して射撃を行うのも大変宜しいかと思います。


さあ、APS射撃で試すのが楽しみだ!
  
Posted by Takeo Ishii at 17:00Comments(0)日記Shooting/海外実銃APS

2016年06月21日

射撃の最重要アイテム=「眼」をレース仕様に!<高機能眼鏡レンズ/ネオコントラスト>


突然のオッサン自撮り写真で失礼(笑)。
ぼくがかけている眼鏡にクリップオンで止まっている薄紫色のオーバーグラスが今回の主役です。


先日ある取材でこちら、都内に数店舗を展開する眼鏡レンズ専門店れんず屋様の本店にお邪魔しました。


その時にご紹介いただいたのがこのネオコントラストという薄紫色のレンズ
“色々なお客様に試していただいたのですが、全体の3割ぐらいの人はクッキリ見える! と大絶賛。でもやはり3割ぐらいの人は光が眩しく感じられてダメ。そして残りの4割は、視界に色が付いたけどそれが何か? という反応なんですよ。石井さんはどうかな?”
といった具合で、れんず屋代表の古谷さんに試させて頂いたところ……


ハイ! ぼくはハッキリ効果を実感できる3割に適合! なのでさっそく検眼です♪ ちょうど普段使いのメガネのレンズが古くなってコーティングに細かい傷が目立ってきた時期だったので、このネオコントラストに換装することにしました。
じつはオーバーグラスを1週間お借りして色々な場面で試していたのですが、もう、いてもたってもいられない!

なんと言いますか、例えば視力1.0まで矯正した眼鏡を普段かけているとすると、レンズをネオコントラストに替える(=この時はオーバーグラスを装着する)だけで視力が1.2まで向上したかのような、それこそ眼から鱗が1枚剥がれたような、素晴らしいクッキリ世界を実感できたのです。


特に、赤色青色がクッキリ際立って見えますので、APS競技には最適だ! と直感しました。
ハイコントラストレンズなので標的とサイトと周囲の輪郭線は明瞭になります。
ダットサイトは通常より1〜2段絞った光量でよりシャープに狙えるでしょう。
また、ぼくのようにフロントサイトに赤色の集光アクリルを使用している場合も有効なハズ。
そしてAPS競技の場合、背景はブルーなのでさらに効果は高いと思います。


れんず屋代表の古谷さんは即応自衛官でもいらっしゃいます。
眼鏡やレンズに関する知識だけでなく銃や射撃にも造詣の深い方なのでハナシが早かった(し、盛り上がった!)のも、今回の自腹オーダーの大きな理由の一つです。お店オリジナルの迷彩フレームは古谷さんの自衛隊愛を物語っていますね。ちなみにこのフレームは驚くほど安いです! そしてフィット感もまったく申し分ありませんでした。
もし妻がネオコントラスト仕様のシューティンググラスを欲しがったら、是非このフレームで作ってやろうと思ってます。


ネオコントラストのオーバーグラスとクリップオンはれんず屋さんの全店で試供品が用意されていて試せます。
それぞれ6,000〜7,000円(税別)程度で販売もされていますので、普段のメガネの上に装着して射撃を行うのも大変宜しいかと思います。
写真は神田神保町の三省堂書店6F店舗の看板です。

オーダーしたメガネが出来上がってきたらまたご報告しま〜す。

  
Posted by Takeo Ishii at 12:00Comments(5)日記Shooting/海外実銃APS

2016年01月16日

この動画はイイすね♪


ミリブロのTOPページにもTOPICSで紹介されてましたが、 ↓この動画、イイですね!

いますぐに撃ちたくなります!

M9、キズキズ! だけどそこがまた格好良い!

==============================================


この動画も最高ですね♪
2016年は本場復帰! 日本人最強カップシューター水谷哲也さん主催!
今回より新ルール採用!
The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
Series 2016開幕戦
in 滋賀@ハイロンサム蔵実(くらま)

開催日:2016年2月7日(日) 11時~17時10時開場)
※ 終了後はそのまま懇親会(=宴会)の予定です♪

会場:ハイロンサム蔵実(くらま)
   滋賀県東近江市八日市本町2-8
   ※近江鉄道「八日市」駅より徒歩一分  

内容:横1列に6個並んだ直径10cmのターゲットを撃ち倒す、シンプルで奥が深い競技です。

参加費:
シングルエントリー¥2,000
ダブルエントリー¥4,000
トリプルエントリー¥6,000


エントリーフォーム
お問合せ:pmc_committeeあっとまーくyahoo.co.jp

新ルール(競技進行)の概要
①第1競技「FALLING PLATE」については従来通り進行します。
②従来と異なり、成績は「連続的中数」が最優先になります。(例:全部で46枚倒せたとしても初弾でミスした場合「0-46」というスコアになる。逆に36枚まで無傷、残りを全部外した場合のスコアは「36-36」となり、こちらの方が上位となる。)
③第2競技「ANBIDEXTROUS」に進めるのは、第1競技を48枚満射できた者のみ
④第2競技に関しては外した時点で即、終了となる「サドンデス形式」で行う。
⑤参加者全員が第1競技終了時点で、満射していない者のみ¥1,000を追加で支払えば再挑戦できる。その日の参加人数によって回数制限を設ける場合もある。ただし「名人位」獲得者については再挑戦を認めない

※PMCはJANPS優先エントリー権取得マッチに認定されています。   

2015年12月31日

2015年、ありがとうございました。


5640 i-tactical」という銃です。

外観はIDPAのESP(エンハンスド サービス ピストル)部門に合致するようになっていながら、じつは50ydsで1.25インチの精度があってビアンキカップにも出られ、もちろんスティールチャレンジにももってこい、という、欲張りなコンセプトを、ガンスミス=アラン タナカさんが実現して下さいました。

ちなみにフレームはLA在住のヒロ・ソガさんに譲っていただいた物です。普通のホルスターが使えるように、敢えてドーソンの細いレール(11mm)を使っています。

5640 i-tactical という文字刻印に、AT(アラン タナカ)カスタムのロゴ。

リア&フロントサイトはトリチウム管入り。暗所でもクッキリ狙えます。

そしてフィッティング済のバレル&ブッシングが2組。

一つは9mm用で、もう一つは.38スーパーコンプ用なのです。


↑ヒトの銃でもやたらに上手い、上矢ゆい先生です。

↑片手での射撃がずいぶん下手なワタクシ。突然背後に現れて、猛スピードで走り去る馬がなんともシュール!

2015年もあと約11時間であっという間に走り去ってしまいますね。
皆様には大変お世話になりました。また来年も宜しくお願いいたします。
  
Posted by Takeo Ishii at 13:01Comments(2)日記Shooting/海外実銃

2015年12月30日

行ってみましたアップル本社《カリフォルニア州クパティーノ》


この前のアメリカ旅行で行ってきましたよ!

ジャジャーン! カリフォルニア州はシリコンバレー、クパティーノの街にあるアップル本社。

インフィニティ(=無限)ループってのが本社ビルの名前なんですね。

その本社のアップルストアです。

著者近影(笑)。


↑上矢ゆいサンが人生初のフォーリングプレートに挑戦!  
Posted by Takeo Ishii at 13:00Comments(0)日記Shooting/海外実銃

2015年12月23日

【実射動画付き!】2挺のカップガン【Hunter×Nowlin】


先日予告した通り、ぼくのビアンキカップガンについてご紹介しましょう。

こっちが最初に出場した2000年に入手したカップガンです。オーストラリアのガンスミス、エイドリアン ハンター氏がミッキー ファアラ氏の注文で製作したものです。スポンサーシップの関係でミッキーさんが試合で使えないことになり、ぼくの手に渡りました。(※名義はイチローさん)。
ちなみにハンター氏はきわめて寡作だった上にもう亡くなったので、この銃の評価額はトンデモナイ事になっている……と、数年前にミズーリの本戦会場でオーストラリア人のシューターから言われました。

こちらは完全なハンター オリジナルではなく、ミッキーさん所有のナウリン カスタムにハンター氏が手を入れたもの、との事。
こちらは2002年に一度だけ出た日本人シューターがやはりミッキーさんから譲り受けた物。しかし彼は事情によりそれっきり来られなくなってしまい、当初はぼくのバックアップ用に借りて使わせて貰っていましたが、後にかなり安価で譲って貰いました。
前述のオーストラリア人シューターは、
“もし2つとも譲って貰えるなら●万ドルの小切手を今この場でキミにやってもいい!”
とまで言ってました。

アッパーパートはそれぞれこんな感じ。特にスライドの穴空け加工等はしてなく、ドーン! と重い、しかしマイルドで滑らかな反動の銃なんですよ。

コンペンセイターはトリプルポートで、スライドから続く上面のフラットなカットのせいで、横幅の方が高さよりある……のが、ハンターカスタムの特徴といえば特徴なのかもしれません。

シュラウドはナウリンのままです。厚みもあってかなり太いのですが、ぼくは指が長いので何とかなってます。
シュラウドにもウィングにも包帯が巻いてありまして、みっともない、と仰る方もいるでしょう。しかしこれが、バリケごと握って撃つ際の振動を抑え、発射毎の反動でズレてしまうのを防いでくれます。
どんな種類の包帯をどのように巻くか? は、イチローGun団の秘伝となっております。

スティックシフト ムーヴァーマウントももちろん装備。使いこなすのやメンテナンスに結構コツの要る道具ですが、ムーヴァー攻略には欠かせません。

グリップはKN(ニール)グリップというのをビアンキカップ会場で買い、約3年かけてパテを盛ったり削ったりして自分の手にフィットさせました。

底に貼ってある「メモリーフォーム」という青いスポンジがミソでして、これはシューズの中敷や低反発マクラ、さらには宇宙ステーションの内装なんかにも使用されている素材だそうです。プローン(=伏射)の際に反動で銃がジャンプするのを抑えてくれる秘密兵器です。

ダットサイトは2000年〜2002年にかけてタスコジャパン(現在のサイトロンジャパン)様から毎年1本づつご提供頂いてた試作品で、驚くべき事に現在でも全く狂わずに使用できています。これらは後に我々からフィードバックされた情報やDATAも盛り込みつつ、「MD-33」や「SD-33」として商品化されました。

↑誕生日シュートの翌日、マリポサを訪れたゲストの赤シャツさんやタカさん、そして上矢ゆいさんにもカップガンの実力を体験して頂くべく、40yds(=約36m)でのプレート撃ちを行いました。
弾薬は「.38スーパーCOMP(9×23mm)」で、モンタナゴールドブレット製の.115グレインJHP(ジャケッテッドハローポイント弾頭)を、4.7グレインの「Hogdon(ホジドン)タイトグルーヴ」という火薬でもって「秒速1,070フィート(=351m)」で飛ばすように調整してあります。プローン(=伏せ撃ち)で撃てば、50yds(=約45m)で1.5インチ(=約38mm)以下のグルーピングを叩き出せるセッティングですから、40ydsの8インチ(=約20cm)なら理論的には楽勝!なのですが……。

↑上矢ゆいさんは持ち主のぼくより上手く撃ちやがりました(笑)!  
Posted by Takeo Ishii at 17:55Comments(2)Shooting/海外実銃

2015年12月22日

【CCWスワイプ】雨の中で実銃G34を撃つ!


マルイのG34、もうショップに注文してあるんですよ。

でも発売日の12.4には渡米中で、帰国後もなかなか忙しくて取りに行けてません。

木・金のどちらかでは取りに行って、早く撃ってみたいです。


↑一足お先に、今回の渡米ではWCSのフルコース練習を撃ってみましたよ。
寒い日だったし、ホルスターも身体の真横に吊るIDPAアプルーブドタイプのコンシールドキャリーホルスターだったので、このさいヘリコンテクスのガンファイタージャケットを羽織った状態からドロゥする「CCWスワイプ」で撃ってみました。

元シェリフのニックさんや、たまたま見学に来られていたCCW保持者のお二人も“ほほー!”と感心しておられました。

2002〜2003年にかけては2年間、本場のIDPAをバッチリ習いましたからね〜。
むかし取った何とやら……ですね(笑)。

2016年にはチャンスがあれば、実銃IDPAにも復帰しようかと思っています。
  
Posted by Takeo Ishii at 17:33Comments(0)Shooting/海外実銃

2015年12月15日

48歳の誕生日を祝ってプレート48枚撃ちに挑む


ぼくのカップガン2号機です。現在、主に試合本番で使うのはこっちです。

こちらがカップガン1号機で、最初に手に入れたカップガンです。現在は主にバックアップ用になっています。

マリポサイチローハウスに保管して頂いているぼくのガンは全部で4挺あります。
カップガンが2挺、スティールOPENガンが1挺、タクティカルガンが1挺。
いずれこれらについても詳しくご紹介します。

ぼくの48歳の誕生日を祝って開催して頂いた、プレート48枚チャレンジの模様です。
ショボい結果ですが、まあいいです。
人間だもの。

=========================================

PMC 2015年度最終公式戦。
聖地=Yokohama PCM名人になる最後のチャンス!

上矢ゆい先生の参戦も決定しました!

The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
Series 2015 Yokohama PCM“LAST STAND”

開催日:2015年12月20日(日) 11時~17時10時開場)
会場:Yokohama PCM
   神奈川県横浜市保土ヶ谷区和田1-12-13
   みかどやビル3F
   TEL&FAX:045-333-7045
内容:横1列に6個並んだ直径10cmのターゲットを、
   距離や制限時間や射撃スタイルを変えて撃つ
   シンプルで奥が深い競技です。
   ※PMCはJANPS優先エントリー権取得マッチに認定されています。 
参加費:
シングルエントリー¥4,000
ダブルエントリー¥6,000
トリプルエントリー¥8,000

エントリーフォーム
お問合せ:pmc_committee@yahoo.co.jp  

2015年12月10日

【レス ベアー カスタム】スティールOPENガン【25年モノ】


今回のWCSマリポサピストルクラブマッチのOPENクラスで使用したスティールガンです。

1990年スプリングフィールドカスタムショップ製。制作は当時のカスタム主任レス ベアーが手掛け、元々はダァグ ケェニッグの銃でした。

当時少しブームになっていた「9×21mm」という弾薬を使用する銃でしたが、他の仲間は.38スーパーや9mmパラで撃つので薬莢の管理で迷惑をかけてしまうため、2004年にエド ブラウン カスタムショップでチェンバーを2mm深くしてもらい、.38スーパー(9×23mm)に対応できるようにして貰いました。

1991年の暮れにこの銃が売りに出ていることを知り、当時は外資系の超一流企業(♪)に勤めていたのでボーナスほぼ全額をダァグに送金し、イチローさんの名義にして頂きました。

翌1992年には入社2年目の社員のくせに3週間の休暇を申請し、スティールチャレンジでこの銃を撃ちました。

その後は1998年まで渡米の機会はなく、その年も6連発リボルバー「M19 vs M66」と銘打ってイチローさんと師弟対決! という事でスティールに出たので、この銃は妻が使いました。妻の他にも上矢ゆいさん、そして当時大学生の石田くんなど、ぼく自身よりも後輩に貸してあげる事の方が多かった銃です。

今回は久しぶりにこの銃を気持ち良く撃てて楽しかったです。
もう25年選手の古い銃ですが、これからも大切にしたいと思います。

=========================================

PMC 2015年度最終公式戦。
聖地=Yokohama PCM名人になる最後のチャンス!

上矢ゆい先生の参戦も決定しました!

The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
Series 2015 Yokohama PCM“LAST STAND”

開催日:2015年12月20日(日) 11時~17時10時開場)
会場:Yokohama PCM
   神奈川県横浜市保土ヶ谷区和田1-12-13
   みかどやビル3F
   TEL&FAX:045-333-7045
内容:横1列に6個並んだ直径10cmのターゲットを、
   距離や制限時間や射撃スタイルを変えて撃つ
   シンプルで奥が深い競技です。
   ※PMCはJANPS優先エントリー権取得マッチに認定されています。 
参加費:
シングルエントリー¥4,000
ダブルエントリー¥6,000
トリプルエントリー¥8,000

エントリーフォーム
お問合せ:pmc_committee@yahoo.co.jp  
Posted by Takeo Ishii at 18:00Comments(3)日記Shooting/海外実銃

2015年12月10日

【動画追加】WSC(ウェストコーストスティール)マリポサピストルクラブ月例マッチ【再投稿】


12.5に開催された「デヴィット・ロジャースを合衆国下院に!のファンドレイザー射撃会」が行われたSun Mountain Gun Clubのキャップです。
なかなか格好良いでしょう?

ニックさんは現在調整中のカップガンで参加! 来年のビアンキカップで使う予定のまっさらの新品です!

朝7:30集合でステージ設営。気温は摂氏3度。焚き火で暖を取りながら、9:00の試合開始を待ちます。

ウォーミングアップ代わりのドライファイヤ。銃が氷のように冷たいです!

ゆいのガンは昨夜ぼくがクリーニングし、新たなレシピでリロードしたばかりの弾を使うので試射しました。

11:00を回る頃には日差しも強くなり、ジャケットやセーターは脱がないと居られないくらい暑くなりました。
身体が温まったせいか、後半の3ステージはかなり上手く撃てました。

12月のマリポサ入りは初めてですが、光と影が織りなす風景の美しさには魅了されます。
撃ち順を待つ間は景色にばかり見とれていました。

結果ですが、タカさんが念願のグロックアイアンサイトで100秒切達成! 98秒台。
ぼくが少し遅れてアイアン99秒台。オープンは85秒台。
初参加のゆいも本人はやや不満ながらも健闘して104秒台。
イチローさんは寒さのせいか前半の大ゴケが響いてアイアンサイト111秒台でしたが、JAPAN1のフロントサイト交換も終了しましたので来月こそは100秒を切って来るでしょう。

=========================================

PMC 2015年度最終公式戦。
聖地=Yokohama PCM名人になる最後のチャンス!

上矢ゆい先生の参戦も決定しました!

The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
Series 2015 Yokohama PCM“LAST STAND”

開催日:2015年12月20日(日) 11時~17時10時開場)
会場:Yokohama PCM
   神奈川県横浜市保土ヶ谷区和田1-12-13
   みかどやビル3F
   TEL&FAX:045-333-7045
内容:横1列に6個並んだ直径10cmのターゲットを、
   距離や制限時間や射撃スタイルを変えて撃つ
   シンプルで奥が深い競技です。
   ※PMCはJANPS優先エントリー権取得マッチに認定されています。 
参加費:
シングルエントリー¥4,000
ダブルエントリー¥6,000
トリプルエントリー¥8,000

エントリーフォーム
お問合せ:pmc_committee@yahoo.co.jp  
Posted by Takeo Ishii at 00:35Comments(0)日記Shooting/海外実銃

2015年12月08日

再投稿/アラサー【上矢ゆい】激射!


タカさんのG34を借りて撃たせて貰いました。まだ新しいのでハリハリした感触、気持ち良い〜!

実際にはもう昨日<12.6(日)>に終了していますが、マリポサピストルクラブのWCS練習マッチに向け、イチローさんに稽古をつけて頂きました。


宿舎の部屋でも暇さえあればドライファイヤに勤しみます。
活動休止だったんじゃねぇのかよ(笑)!

=========================================

PMC 2015年度最終公式戦。
聖地=Yokohama PCM名人になる最後のチャンス!


JANPS2015で酷い目に遭った人、リベンジのチャンスです!

The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
Series 2015 Yokohama PCM“LAST STAND”

開催日:2015年12月20日(日) 11時~17時10時開場)
会場:Yokohama PCM
   神奈川県横浜市保土ヶ谷区和田1-12-13
   みかどやビル3F
   TEL&FAX:045-333-7045
内容:横1列に6個並んだ直径10cmのターゲットを、
   距離や制限時間や射撃スタイルを変えて撃つ
   シンプルで奥が深い競技です。
   ※PMCはJANPS優先エントリー権取得マッチに認定されています。 
参加費:
シングルエントリー¥4,000
ダブルエントリー¥6,000
トリプルエントリー¥8,000

エントリーフォーム
お問合せ:pmc_committee@yahoo.co.jp  
Posted by Takeo Ishii at 18:00Comments(0)日記Shooting/海外実銃

2015年12月08日

Birthdayの空中ハラミ


自宅以外で誕生日を迎えるのは初めてかもしれません。
天気が良かったので宿舎の外に出て焼肉をやりました。

渡米してからこっち割と毎日動いていて疲れも溜まっていたので今日は1日お休みです。
でも朝からみんなパソコンでポチポチやっていたので良い気分転換になりました。

日が陰るとすぐに寒くなりました。
今は室内でホットウィスキーを飲んでいます。

=========================================

PMC 2015年度最終公式戦。
聖地=Yokohama PCM名人になる最後のチャンス!


JANPS2015で酷い目に遭った人、リベンジのチャンスです!

The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
Series 2015 Yokohama PCM“LAST STAND”

開催日:2015年12月20日(日) 11時~17時10時開場)
会場:Yokohama PCM
   神奈川県横浜市保土ヶ谷区和田1-12-13
   みかどやビル3F
   TEL&FAX:045-333-7045
内容:横1列に6個並んだ直径10cmのターゲットを、
   距離や制限時間や射撃スタイルを変えて撃つ
   シンプルで奥が深い競技です。
   ※PMCはJANPS優先エントリー権取得マッチに認定されています。 
参加費:
シングルエントリー¥4,000
ダブルエントリー¥6,000
トリプルエントリー¥8,000

エントリーフォーム
お問合せ:pmc_committee@yahoo.co.jp  
Posted by Takeo Ishii at 15:49Comments(0)日記Shooting/海外実銃

2015年12月08日

アラサー女子【上矢ゆい】拳銃乱れ撃ち!


タカさんのG34を借りて撃たせて貰いました。まだ新しいのでハリハリした感触、気持ち良い〜!

実際にはもう昨日<12.6(日)>に終了していますが、マリポサピストルクラブのWCS練習マッチに向け、イチローさんに稽古をつけて頂きました。


宿舎の部屋でも暇さえあればドライファイヤに勤しみます。
活動休止だったんじゃねぇのかよ(笑)!

=========================================

PMC 2015年度最終公式戦。
聖地=Yokohama PCM名人になる最後のチャンス!


JANPS2015で酷い目に遭った人、リベンジのチャンスです!

The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
Series 2015 Yokohama PCM“LAST STAND”

開催日:2015年12月20日(日) 11時~17時10時開場)
会場:Yokohama PCM
   神奈川県横浜市保土ヶ谷区和田1-12-13
   みかどやビル3F
   TEL&FAX:045-333-7045
内容:横1列に6個並んだ直径10cmのターゲットを、
   距離や制限時間や射撃スタイルを変えて撃つ
   シンプルで奥が深い競技です。
   ※PMCはJANPS優先エントリー権取得マッチに認定されています。 
参加費:
シングルエントリー¥4,000
ダブルエントリー¥6,000
トリプルエントリー¥8,000

エントリーフォーム
お問合せ:pmc_committee@yahoo.co.jp  
Posted by Takeo Ishii at 15:34Comments(0)日記Shooting/海外実銃

2015年08月04日

「くべ はりきゅう」ハンドパワー!


恥ずかしいのですが告白します。

一昔前の電動ガンじゃないのですが、ぼくは首がとても弱いのです。
こんなに痩せているので当然、筋肉量は少ないし首も細い。そして人間、体格にはとても大きな個人差がありますが、頭の重さはだいたい一緒なのです。

なのでぼくのようなヤセ体型の人には首にトラブルを抱えた人が少なくないと聞きます。
姿勢もあまり良くないので、いわゆるストレートネック気味の状態です。

ちなみにガッシリタイプの人は上半身が重いので、腰に来ちゃう事が多いわけですね。


さらにシューティングの時は両腕を前に突き出します。この時、大胸筋(胸板が薄いので薄胸筋なのかもしれませんが……)の付け根の腱が強く縮み、さらに構えたガンを固定しようと無意識に力も入るので強ばってしまいがち。それでよけい猫背気味になり、さらに練習や試合後に適切なストレッチ等も行わないでずっと来たため、首周りの強張りに起因する頭痛や腕や肘のトラブルも慢性化していたらしいのです。
シューターを30年以上も続けているので、症状にもかなり年季が入っています。


今日、某所でちょっと面白い撮影があったのですが、そこに数年前からお知り合いの「くべ先生」が一緒でした。
彼とはSATマガジン葉隠マッチとか、上矢ゆいさん関係のイベント等で何度か面識がありまして、初めて会った頃は鍼灸の専門学校に通っておられたのですがこのほど晴れて国家試験に合格。この秋には地元である静岡県焼津市に治療院を開業される、との事。
その関係の打ち合わせで上京されていたそうなのですが、米軍や特殊部隊の装備に詳しいので今回の撮影のスタイリストも買って出てくれたのです。

そして件の首のトラブルでこの1週間は痛いわ動けないわ、今日も朝から憂鬱だったぼくを見兼ねて、ちょっとした待機時間の際に治療をして頂いたのです。


くべ先生のゴールドフィンガーが鎖骨や肩甲骨、肩の骨の間の、まさしく「痛みのXリング」を驚くべき精度で的確に突く。
すると腕に通っている神経に熱い様な、ジンジンする様な刺激を感じました。


正直、施述中はかなりイタ気持ち良いので表情もこんなですが、10分ぐらいやってもらったらアラ不思議! 嘘のように痛みや強張りが消えてしまいました♪

うん! これはいい! 素晴らしい!

で、くべ先生に相談したところ、主催者のOKが頂けたら、そして試合の日程が先生のご予定に合えば、になりますが、
“同じ静岡ですからJANPS2015の会場に前日の設営&練習から行かせて頂いて、長年の練習や試合で痛んだシューターの皆さんの腕や肩、腰などの治療コーナーをやらせて頂いても良いですよ♪”
とのご提案を頂きました。症状にもよりますが格安でやって頂けるそうです。10分で¥1,000〜とか。
くべ先生はサバイバルゲイマーだしタクトレも大好きでシューティングもやる方なので、我々の身体や腕のどこが傷みやすい傾向にあるか? どんな症状が多くてどういう風にすれば改善するか? をよく理解しておられ、丁寧に説明もしていただき、本当に頼もしいと思いましたよ。
これってサイコーだと思いません? 「ガンナー御用達の鍼灸師」なんて、ちょっとイイじゃないですか。

ともかく、ぼくのここ1週間ぐらいの憂鬱の元凶を、ものの10分で見事に解消して頂けたのです。
最高にラッキーでした。チョー得した気分になった1日でしたよ♪

いやぁ、プロって本当に、凄いもんですねぇ。

「くべ はりきゅう」治療院の開業は秋からですが、プライベートの治療相談には乗って下さるそうです。
都内や近県にも患者さんがおられるそうなので、先生の往診とご都合が合えば近所で施述して頂けるチャンスもあるかも。
先生の連絡先は、本名やご連絡先など、身元をちゃんとご明記の上でぼくまでメッセージ頂ければご紹介します。

  
Posted by Takeo Ishii at 00:35Comments(1)日記Shooting/海外実銃

2015年07月02日

Legend is still legend ! !


そのグアムのGSSF2ガンマッチでコースデザインと現場の仕切りをなさっていたこの方!
なんと1985年のCOMBATマガジンで紹介された、往年の名シューター、ジェフ ネルソンさんだったのです!

1983年のビアンキカップ14位。'80年代はスティールチャレンジにも何度も出場されたその腕前は健在!
3週間前に心臓の手術をされたばかりだというのに、この日もブッチギリで優勝でした。

クラブの重鎮さんなのにぜんぜん偉ぶってることもなく、ターゲット交換やプレートのペンキ塗りを率先してやっておられました。

彼と弟のグレッグさんが経営されている会社「FIRING LINE」は現在、CQB GUAMに銃や弾を納めている取引先だそうです。
とにかく先輩たちから噂に聞いていたジェフさんにお会いできて、石井、サイコーにハッピーでした♪
======================================================
7月26日(

PMC2015@KIT-BOY(群馬県みどり市)
10:00開場/11:00~16:00

シングルエントリー¥3,000 ダブルエントリー¥5,000
※女性半額
※エントリー開始しました!

ルール、競技規定等に関する過去記事リンク
●ガン規定(121128記事)
●タクティカルクラス規定詳細(120315記事)  
Posted by Takeo Ishii at 00:00Comments(2)日記Shooting/海外実銃

2015年07月01日

GUAMで地元のマッチに出ました!


クライアントの1社、CQB GUAMさんの招待でグアム島に行ってました。
そして今回なんと、GSSF(=GUAM SPORTS SHOOTING FOUNDATION)月例で主催している2Gunマッチに出場して参りました!

別に堅苦しいルールやカテゴリー分けもなく、内容もシンプル。テッポウ好きが30人程集まって、お互いの銃を見せ合ったりもして、和気藹々の楽しいマッチでした。

======================================================
7月26日(

PMC2015@KIT-BOY(群馬県みどり市)
10:00開場/11:00~16:00

シングルエントリー¥3,000 ダブルエントリー¥5,000
※女性半額
※エントリー開始しました!

ルール、競技規定等に関する過去記事リンク
●ガン規定(121128記事)
●タクティカルクラス規定詳細(120315記事)  
Posted by Takeo Ishii at 00:43Comments(0)Shooting/海外実銃

2015年05月02日

【ミリスマ】上越PMC撃ち順【担当記事】


現在発売中の「ミリスマvol.5」で、上矢ゆい先生のグアム実銃記事の写真を担当させて頂きました。
ぜひショップ様、書店様でご覧頂ければと思います。

いよいよ明日!
5月3日(日/


PMC2015@上越コレクターズ

↓お待たせしました、シューティングオーダー(=撃ち順)です。


23エントリー/16名(OPEN/12名、IRON/2名、TAC/9名)です。
※AグループとBグループのどちらが先になるかは、当日代表者のジャンケンで決めます。

===============================================================================

現在開催が確定しているThe PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP(=PMC)2015年公式戦カレンダー

7月26日(

PMC2015@KIT-BOY(群馬県みどり市)
10:00開場/11:00~16:00

シングルエントリー¥3,000 ダブルエントリー¥5,000
※女性半額
7月1日(水)より当ブログにてエントリー開始します。


10月11日()-12日(月・

プレート名人大賞&PMC 20th years Anniversary Match
開催場所:BlueTarget
11日(は10cmプレートを使用した通常の現行ルール版PMC公式戦。
12日(月・“プレート名人大賞”復刻アレンジ版ルールで開催。「第1競技/JANPSと同ルール(8cm&プローン有)のFalling Plate」+「第2競技/PPC(8cmプレートを使用したプラクティコゥ)」
を予定しております。


12月下旬

PMC2015Final Match@Yokohama PCM


ルール、競技規定等に関する過去記事のリンクを貼っておきます。
●ガン規定(121128記事)
●タクティカルクラス規定詳細(120315記事)  

2015年04月10日

S&W M&P-9“CORE”


3月の取材旅行では、G.O.S.R.でこの銃を撃ちましたよ。
Smith & Wesson/Military & Police 9 “CORE”です。




載っていたダットサイトはBURRIS製でしたが、晴天でもクッキリと光点が見え、なかなかに良いモノでした。



========================================

射撃の基礎力を養うマッチです!
PMC 2015 Opening Match
エントリー好評受付中!

BlueTarget♯02
開催場所:Blue target(埼玉県戸田市)
4月26日(日)10:00開場/11:00~16:00
シングルエントリー¥3,000 ダブルエントリー¥5,000
※女性半額
エントリーフォーム
4月23日(木)23:59締切。以降は当日エントリー扱いとし、+¥1,000とさせて頂きます。

★ルール、競技規定等に関する過去記事リンク★
●ガン規定(121128記事)
●タクティカルクラス規定詳細(120315記事)

========================================

本場さながらの予行演習!

PMC公式練習会も開催します。4月19日(日)14:00~18:00@Blue target
本戦と同じ場所で、最終調整してください!
初心者&未経験者の方々向けの競技体験会も兼ねます。ご興味のある方、お気軽にご参加下さい。事前エントリー不要途中参加&退出ご自由です。
参加費¥2,000※女性半額

========================================  
Posted by Takeo Ishii at 20:31Comments(0)Shooting/海外実銃

2015年03月23日

GLOCK26(実銃/グアムロケ)


ちょっとご無沙汰でした。
先週はグアムに行っておりました。


GLOCK26は初めて撃ったかも。アレ? どうだったかな?


今回はクラシックなライフルをいろいろ撃ちました。
撮れ高も充分♪ 今後、各誌面やこのブログでも紹介していきます。


なによりも素晴しいのはこの季節でも花粉がないし、暖かいし、景色はいいし。
やっぱりいつ行ってもグアムは最高♪です。

6月にまたグアム上矢会というイベントで行きます。ご都合の付く方は是非ご一緒しましょう。

========================================


いよいよ今週末、3.29は、BlueTargetにて、Swendy's Presents“Run&Gun”ですぞ!


試射代わりにこちらにもいらして下さいね♪
CPC(=カシオペアプレートチャレンジ)fromプラチナカップトライブ
日時は3月29日()AM10:00~。参加費は1チャレンジ¥200何回チャレンジしてもOK)になります。

間違いじゃありません。1チャレンジ=¥200です。
1985年に北赤羽の荒川河川敷でプラチナカップ月例会がスタートした当時の参加費を再現します。

========================================
The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP(=PMC)2015年公式戦カレンダー
現在決定しているものだけです。

PMC 2015 Opening Match
Blue Target ♯02
開催場所:Blue target(埼玉県戸田市)
4月26日(日)10:00開場/11:00~16:00
シングルエントリー¥3,000 ダブルエントリー¥5,000
※女性半額
エントリーフォーム近日設けます。



開催決定 2015-02 5月3日(日/祝)@新潟県上越市/上越コレクターズ


2015-03 or 04 6月中旬@群馬県みどり市/KIT-BOY


2015-Final 12月下旬@Yokohama PCM

★ルール、競技規定等に関する過去記事リンク★
●ガン規定(121128記事)
●タクティカルクラス規定詳細(120315記事)  
Posted by Takeo Ishii at 09:11Comments(0)Shooting/海外実銃

2015年01月01日

2015 Happy New Year !


新年明けましておめでとうございます


2015年からこちら、CQB Guamの日本向け広報&宣伝のお手伝いをさせて頂くことになりました。


グアムへ行かれる際には是非、行って見てください。
面白さと興奮はイシイが保証します!

今年もよろしくお願いします!  
Posted by Takeo Ishii at 08:30Comments(6)Shooting/海外実銃