QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 29人
プロフィール
Takeo Ishii
Takeo Ishii
ライター、カメラマン、パフォーマー、射撃場アドバイザー、映画評論家
オーナーへメッセージ

2017年06月24日

SIG SAUER P320


photo by Taka
1年ぶりにグアムへ来ております。

photo by Taka
手に取った瞬間の第1印象から“良い!”と思える銃でした。

photo by Taka
しかしただ撃つだけじゃなく、実際に試合で使ってみないと何もワカリマセンからね〜。

photo by Taka
ここんとこ毎日、ドロウ&ファイヤを練習しています。各専門誌でもレポートする予定ですよ♪  

2017年06月16日

6.11(日)開催「第12回ELITE OPERATORS」part-3


6月11日(、神奈川県大和市のF.O.B.にて、2ガンマッチエリートオペレイターズの第12回本大会の様子をお伝えしています。

サイドマッチのRELOADは、その名の通り途中にライフルのリロード(=マガジンチェンジ)が挟み込まれるステージです。

6m、7mではニーリングもあって、

その状態でのリロードも課せられます。



リロードマッチで48枚満射して優勝したのはショウタ君。葉隠マッチ2017でも優勝した若きホープです。

表彰式の模様です。賞品も貰えます。


毎回異なる色で製作されているエリートオペレイターズのパッチ。

3つある各競技で48枚満射した人だけが貰えるキャップです。






  

2017年06月15日

6.11(日)開催「第12回ELITE OPERATORS」part-2



参加されたほぼ全員の写真です。


ライフル、ハンドガン、それぞれ皆さんどんな装備を使い、どんな構えで撃っていたのか?





































続く……
  

2017年06月14日

6.11(日)開催「第12回ELITE OPERATORS」part-1


6月11日(、神奈川県大和市のF.O.B.にて、2ガンマッチエリートオペレイターズの第12回本大会が行われました。

前回よりグーンと増えて参加者は25名! レンジのキャパいっぱいいっぱい! という感じでした♪

スタート姿勢はロウレディ。

合図と共にライフルを振り上げ、6cmプレートを撃つ。

続いてハンドガンにトランジットし、

10cmプレートはハンドガンで撃つ、というのがエリートオペレイターズの基本ルールになります。

標的1枚に対し、撃てるのは1発だけ

撃ち直しはナシ。制限時間内に一発必中の射撃を繰り返す……という内容になります。

国内開催のシューティングマッチでは最上級に厳格なガンハンドリングが求められますが、主催のヒラノさん(奥=日本を代表するTOPシューター。IPSCやU.S.STTEEL、Bianchi Cup等、実銃マッチでも数々の実績あり)が懇切丁寧に進行してくれます。

ハードなマッチを楽しめるのはもちろん、本格的なタクトレを受講したのと同じだけ自らの成長を実感できる内容だと思いますよ。

今回もぼくは東京マルイ/ガスブロM4A1 MWSを投入♪ 1月ほど前にハンドガードをNOVESKEタイプの細いヤツに替えました。

ダットサイトはNOVELARMSSUREHIT M4sです。

ハンドガンはマルイ/ハイキャパ。軽すぎる銃はどうも性に合わず、タニオ=コバ製のHWスライドとアルミアウターバレルを搭載しています。

同じく主催のヤダさんです。

今回は参加された全選手(一部顔出しNGの方は除く)の銃を構えている近影を撮りましたよ。
次回載せます。続く……

  

2017年06月09日

楽しみ♪ 明日は今期本大会前最後のAPSハンドガン公式戦!


先週土日は蔵前工房舎APS週末会ふじみ野APS練習会に2日連続で参加しましたが、あまり調子が良かったとは言い難い。

でまあ、性懲りもなく今週の平日は毎晩、グリップを弄ってましたよ。
握っちゃあ、構えちゃあ、パテを盛って、削って、塗装して。
結局、今はこんな風に指のシワ1つ1つにまで合わせてしまってます。

ピタッ!
ん〜、もうこれ以上はやる事がない(笑)

明日はぴっちょりーなもまた来るんでしょうか?
まだキャリアは浅いんですが、ガンハンドリング(=銃口意識)がピシッ!としてて、イイですよね、彼女!

協会様のブログによれば、明日も参加者100人超えだそうですよ♪

一緒に参加する皆様、明日は楽しい一日を過ごしましょうね。
あ〜! プレート満射してみたい!   
Posted by Takeo Ishii at 23:19Comments(0)Shooting/トイガンAPS

2017年06月02日

5.27(土)ライフルクラス公式記録会


写真を並べるだけで誠に乱暴ですが、さる5.27(に開催された第27期APSカップ/ライフルクラス公式記録会のご報告です。

“最も中(あた)る銃を作った……かもしれない男”、バットン オーツカ氏。


素晴らしいクオリティの手作りのストック。

この方のストックも年代物の素晴らしい逸品だそうです。


木スト、格好良いですね♪


昨年からのトレンドはこちら、蔵前工房舎謹製のアルミ フルアジャスタブル ストック。

蔵前週末会・幹事のMaster野口さん。

蔵前工房舎オーナー、桑田富雄社長。今回も目が醒めるようなブルーで美しく塗装された新作を投入。

妻のケイコです。今期のライフル公式ではぼくと同点(178点ー4X)でフリーサイト部門1位。


SR-2を砂漠迷彩にしたカッコ良いライフル。

こちらもSR-2。まだ競技を始めたばかりなのにグングン上達しているナガシマさん。

M4のサイトってのも狙い易いんですよね。ぼくも以前はこのセッティングでやってました。


毎回「台風の目」になるヤマモトさん。今回の公式はやや不調でしたが、本大会では表彰台の可能性充分にある方です。

ライフルクラスでは持参する道具が多いので控えスペースはこんな感じになります。
常に銃口カバー装着が徹底されている事でこの状態が可能になってます。

前回の公式でもそうでしたが、プレート標的の機材がとても不調でした。
たまにしか出して使わないので協会様のチェック体制が甘かったのだと思います。
ライフルの公式ももっと開催してください(笑)!

ムーバー競技。

この方のストックも相当な逸品らしいです。構えも綺麗です。

前回(4.30()同様、全競技2レーン体制で開催して頂き、スムーズに進行しました。
このレイアウトは私が協会様に提案したんですよ♪ 上手く行って良かったです。

マッチディレクターの関さん。いつもありがとうございます。
フルマラソン42.195kmを3時間以内で走るサブ3(スリー)目前だという素晴らしいランナーで、今年のGWは250km!の超長距離レースを完走されました。
競技者マインドを理解されている方だからこその素晴らしい運営、毎回頭が下がります。

APS公式での読み上げ(ハンドガン=プレート、ライフル=ムーヴァー)を一手にご担当されるのは登田(とだ)さん。
音楽活動で喉を鍛えていらっしゃるからこそ、一定のリズムと抑揚で数時間もコールが続けられるのだと思います。プロの技が光ってます。

後片付けを参加者みんなでやるのは、APS公式戦のみならず、会場を借りて行うシューティングマッチではもはや当たり前の事ですね。
みんなもう慣れたもんです。

表彰式の模様。今回は季節の変わり目だったせいか、上位陣のスコア自体は低迷気味でした。
ま、そうなると(=試合が荒れ気味になると)石井家のチャンス♪ってわけです(笑)。

37名が参加されました。
ライフル公式戦も3競技×2レーンレイアウトで、ぼくの手元計算ではありますが理論的には時間内にこの倍=72名まで捌けます。
ただし待機スペースにはもう一工夫必要でしょうが、アイデアはあります。  
Posted by Takeo Ishii at 08:54Comments(0)APS