QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 29人
プロフィール
Takeo Ishii
Takeo Ishii
ライター、カメラマン、パフォーマー、射撃場アドバイザー、映画評論家
オーナーへメッセージ

2016年03月23日

バットマン vs スーパーマン/ジャスティスの誕生


会場に展示されていたフィギュアです。よくできてます!

昨晩の開映前にもちょっと書きましたが、1入り口で持ち物検査と金属探知機によるボディチェックがあり、さらに「内容についての情報解禁は明朝7:00以降」という誓約書にサインをさせられるなど、厳戒態勢での試写でした。
でも、こういうイベントムービーの試写はいつ来てもイイですね。招いて頂けて光栄です(^-^)/

さて、「スーパーマン」といえば1978年のクリストファー・リーヴ主演版と比較されますし、バットマンもクリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト3部作」という金字塔があるわけで、当然ぼくらのような批評家筋もそういった作品のファンが多いわけです。もちろんこれから<※今週末=3.25(金)から公開です>劇場でご覧になる皆様もそうですよね? つまり、ハードルは最初から高いわけです。
その割にはとても楽しめました。スペシャルエフェクトやCGを駆使したバトルシーンもさる事ながら、ドラマパートがなかなか凝っていて良かったです。

観る前の注意点として、バットマン側は一応、世界観を刷新……というか、「リブート」です。
つまり過去のマイケル・キートン版や「〜リターンズ」、「〜フォーエバー」、「〜&ロビン」、そしてダークナイト3部作等とは連続性のない別枠です。
ただしクリストファー・ノーランが製作総指揮に加わっており、さらに音楽監督がハンス・ジマーなので「ダークナイト」のムードは踏襲しています。

いっぽうスーパーマン側のストーリーは前作にあたる『マン・オブ・スティール』から引き継いでいる部分が多く、観ていないとチンプンカンプンになるでしょうから、DVD等で再度観てから劇場に行かれる事をお奨めします。




同じカテゴリー(映画レビュー)の記事画像
ネタバレなしレビュー『ブレードランナー2049』
『ブレードランナー2049』の来日記者会見に行ってきました♪
今週末公開、『ザ・コンサルタント』
いつかぁ君と行ったぁ映画ぁ〜が、まぁた来る〜♪
仕事してますよ!〈一応これも♪〉
『ダイ・ハード』の名悪役、死去
同じカテゴリー(映画レビュー)の記事
 ネタバレなしレビュー『ブレードランナー2049』 (2017-10-24 19:00)
 『ブレードランナー2049』の来日記者会見に行ってきました♪ (2017-10-23 23:28)
 今週末公開、『ザ・コンサルタント』 (2017-01-18 18:00)
 いつかぁ君と行ったぁ映画ぁ〜が、まぁた来る〜♪ (2016-12-07 18:00)
 仕事してますよ!〈一応これも♪〉 (2016-03-22 18:27)
 『ダイ・ハード』の名悪役、死去 (2016-01-15 13:00)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。