QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 32人
プロフィール
Takeo Ishii
Takeo Ishii
ライター、カメラマン、パフォーマー、射撃場アドバイザー、映画評論家
オーナーへメッセージ

2019年01月10日

『蜘蛛の巣を払う女』




明日=1.11(金)から公開になります。
女天才ハッカー、リスべット・サランデルを主人公にしたベストセラー小説「ミレニアム」シリーズの第4作目を映画化しています。ダークでスタイリッシュ、そしてちょくちょく織り込まれる変態チックな描写が堪らないサスペンス・ミステリーで、北欧スウェーデンの荒涼たる風景の中を疾走するヒリヒリするアクションが魅力でしょうか。
児童虐待、人身売買、ドラッグ、弱者への暴力、猟奇殺人、といったテーマで覆われたダークなトーンの映画ですが、小柄で細身な女性なのに知恵と行動力で難局を乗り切ってゆく孤高のアウトロー=リスベットの筋の通った生き様がじつにカッコいい! という、ぼくにとっては「こういうの大好物!」な作品となっております。
ちなみにリスベット・サランデルが映像化されるのはこれが5作目で、演じる女優さんも今作のクレア・フォイ3人目です。

スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンが50歳の若さで亡くなるまでに遺した3つの原作『ドラゴンタトゥーの女』、『火と戯れる女』、『眠れる女と狂卓の騎士』の3作は2009年から2010年にかけて母国スウェーデンで映画化・テレビドラマ化されました。これ物凄く面白いです! DVDまたは配信等でご覧になる価値アリ! ですよ。

第1作目『ミレニアム ドラゴンタトゥーの女』の開始20分で石井は主人公=リスベットのキャラクターと彼女を演じたノオミ・ラパスの虜になってしまいまして、本作の大ヒットを契機にハリウッド進出も果たした彼女の出演作はどの作品も無視できず、ほぼ全部追っかけております(が、けっこうトホホ…な作品もまた多し…笑)。

スウェーデン版3部作の好評を受けてハリウッドでリメイクされたのが、2011年公開の『ドラゴンタトゥーの女』
監督は『セブン』のデヴィッド・フィンチャー、リスベット役にルーニー・マーラ、事件解決のため共闘するパートナーの編集長ミカエル役に6代目007のダニエル・クレイグという豪華版でした。

このルーニー・マーラ版のリスベットもじつに可愛らしく、それだけに凶暴さと狂いっぷりが物凄くて面白かったですよ。
そしてジェームズ・ボンドを演っていてさえ敵の拷問や攻撃による痛め付けられっぷりが凄まじいダニエル・クレイグが本作では「最近ツいてない雑誌の編集長=普通のオッサン」なのでさらにヤラれ方がエゲツなくて半端ないのも素敵です。こちらもぜひ予習のためご覧になる事をオススメします。
個人的にはミカエルの設定をボンドに改変して敵のスケールをもう少し強化して「007シリーズの1作」に加えてしまっても良かったのでは? 位に思ってます。
オープニングの歌がすごくそれっぽくてカッコ良く、リスベットとミカエルの関係もスェーデン版よりセクシーで切なくて、これも大好きな映画です。

『ドラゴンタトゥーの女』のリスベットは24歳という設定で、3作のみを遺して亡くなってしまったラーソン氏の後を引き継いだノンフィクション作家ダヴィド・ラーゲルクランツによる4作目『蜘蛛の巣を払う女』はそれから数年経っているハズなので、クレア・フォイ演じる今回のリスベットは少しだけ大人(マトモ)なって表情や行動がやや落ち着き、狂気がやや薄まっている印象を受けましたが、それでも悪い奴を制裁する場面では「前任者たち」に負けず劣らずやる事が過激ですし、予告編にも出てくる全裸の状態で爆破される→バスタブに避難のアクションや真っ黒なゴム袋に入れられて真空パックにされそうになるシーンの変態じみた異様さは物凄かったです。 

原作の小説では名前だけが上がっていた謎の女カミーラの役で真っ赤なコートに身を包んだこの人は『ブレードランナー2049』で史上最強スペックのレプリカント“ラヴ”を演じたシルヴィア・フークス。本作でも一目見ただけで常人じゃないと思っちゃう圧倒的な存在感でした。

====================================================

SAT通販に出品してますのでヨロシク!

タナカのSIG P220 IC陸上自衛隊
箱を開けて写真を撮っただけの新品です。相場より安く出してます。


マルイグロックのアウターバレルのガタをOリングで解消しています。スライドが閉じた状態で銃口がガッチリ固定され、ブレません。

アウターバレルに手で溝を切るので加工は面倒ですが、遠い距離での命中精度には大きな差が出ます。
Oリングは傷んだら交換も可能ですしメンテナンス時の分解・組み立ても楽です。
素朴なカスタムではありますが、2018年のJapan Steelでのタクティカルクラス優勝には貢献してくれました。  
Posted by Takeo Ishii at 19:58Comments(0)映画レビュー

2019年01月08日

『クリード 炎の宿敵』


©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
明けましておめでとうございます。今年=2019年からは映画レビューもちゃんと書いていこうと思っています。
で、1発目は……! 今週末1.11(金)から公開のクリード 炎の宿敵
オフィシャルサイト

©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
第1作目の『ロッキー』(1976年)から数えると、シルベスター・スタローンがロッキー・バルボアを演じるじつに8作目の映画です。そしてシリーズの中では相当な「問題作」とされていた『ロッキー4/炎の友情』(1985年)のキャラクターが再登場し、「4」の因縁に決着を付ける! って訳です。
ちなみにこの「4」が、ぼくの中ではシリーズ最高傑作です(笑)。なので今回の「クリード2」、絶対に見逃すわけには行きませんでした。

imfdb
『ロッキー4/炎の友情』(1985年)当時のドルフ・ラングレン=イワン・ドラゴ。
当時このキャラクターは各方面に多大な影響を与えましたからね〜。某漫画にも外見容姿そのまんまじゃん! な人物がシャラっと登場してましたし、ラングレンにはその後「人間核弾頭」というキャッチフレーズもついて、アクション映画を連作してました。
ぼくは'90年代前半、ある理由から2週間ばかし美容院で働いていたのですが「いつものドラゴカットで!」というポッチャリ顔の若い常連さんが居らっしゃいましたねぇ(笑)。

©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
で、本作『クリード 炎の宿敵』ではあの後ドラゴがどんな人生を送っていたのか? が描かれます。ドルフ・ラングレンが俳優としての厚みをしっかり重ねていて表情にも本当に深みがあり、とても良かったです。
しかしそれよりもっと驚いたのは、まさかの「あの人」もちゃんと登場した事! ぼくはその短いシーンで鳥肌が立ちましたよ。 

©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
映画制作者としてのスタローンの妥協のなさ、と言いますか、作品を面白くするためにはどんな恥や犠牲を払ってもやり抜いて実現させスクリーンに焼き付ける根性というのを改めて見せ付けられましたね〜。
ちなみにぼくの本作での落涙ポイントは、①先に述べた「あの人」が登場したシーンと、②クライマックス勝負の決着が付いた瞬間、でした。

とにかくスタローンは自分をスターダムに押し上げたロッキーシリーズをとても大切に考えていて、本作もじつに丁寧に制作している事が、ラストカットからも伝わってきました。

====================================================

以下、SAT通販に出品してますのでヨロシク!

マルゼンAPS-3オリジナル


タナカのSIG P220 IC陸上自衛隊
上記いずれも箱を開けて写真を撮っただけの新品です。どちらも相場より安く出してます。


マルイグロックのアウターバレルのガタをOリングで解消しています。スライドが閉じた状態で銃口がガッチリ固定され、ブレません。

アウターバレルに手で溝を切るので加工は面倒ですが、遠い距離での命中精度には大きな差が出ます。
Oリングは傷んだら交換も可能ですしメンテナンス時の分解・組み立ても楽です。
素朴なカスタムではありますが、2018年のJapan Steelでのタクティカルクラス優勝には貢献してくれました。  
Posted by Takeo Ishii at 10:07Comments(0)映画レビュー