QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 34人
プロフィール
Takeo Ishii
Takeo Ishii
ライター、カメラマン、パフォーマー、射撃場アドバイザー、映画評論家
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2019年10月27日

30m&50mスナイピング


BATON Rangeで開催された30m/50mスナイピング月例会に参加してきました。
ぼくの銃はマルイVSR-10 G-Specベース。インナーバレルをGunsmithバトン「流速ルーズバレル6.10OF」に換装し、HOPラバーはメープルリーフ/ディセプティコン「50°」、同じくメープルリーフの赤HOPアームを採用、さらにシリンダーピストンに重りを巻きつけてノーマルの「19.5g」→「約50g」に重量UPし、パワー調整もレギュレーションに則り慎重に実施した、自作のカスタムライフルで参戦致しました。

バットン・オーツカ社長はVSR-10ベースの自作カスタムと、GunsmithバトンのコンプリートカスタムであるMOD24X流速・極でダブルエントリー。

30m先の電子ターゲット、メチャクチャ遠いです!

オーツカ社長&MOD24X流速・極の1回目の標的です。30mから10発を撃ち込んだグルーピングがなんと103mm!
その後の試技でも「113mm」「108mm」を叩き出し、10発×3回=30発の平均で「108mm」で第1回目30mスナイピング月例会の優勝を勝ち取りました。
石井は「 285mm」「149mm」「228mm」平均「220.66mm」で30m部門は惨敗……無念!

50m部門は直径30cm(=12インチ)の鉄板に25発を撃ち込み、何発HITさせられるか? で競います。
先ずはみんなで試射とサイトイン。

今後は「バイポッドを使ってもサンドバッグを使っても良いが,ライフルレスト等による完全固定はNG」という感じのルールになりそうです。
50m部門では石井が「17中/25発」で一応、第一回50mスナイピング優勝という事になりました♫

今回参加して判った事は、30m用の銃と50m用の銃は異なる発想で作らなければならないのでは?ということ。なので50m用の銃はこのままこのVSR-10を改良するとして、30m用の銃はゼロから新たに制作しよう! と心に決めた次第です。

それにしても、インドア=ほぼ無風で30mや50mを撃てるのはすごく楽しい!ですね♫ なんだか深く深くハマってしまいそうな予感……。
そして次回の30m/50mスナイピングには各地の腕自慢&ライフル自慢の方々も是非!

====================================================

SAT通販にて発売中!

輝ける新しい時代令和の始まりを、いつまでも残る思い出に。  
Posted by Takeo Ishii at 21:57Comments(0)Shooting/トイガン日記

2019年10月25日

「庄内の巨人」を訪ねて③


来るべき冬に備え、ハンティングに勤しむノスリの若鳥。

庄内の農道には冬の厳しい吹雪で道路が使用不能にならないよう、風上に防風フェンスが設置されています。

鶴岡市で400年続く老舗米農家の本家当主、沓沢 実(くつざわ みのる)さんがご自宅に設けた素晴らしい射撃場を訪ねました。

現在JANPS本戦で使用されている公式機材を設計・製作されているのは“リョーちゃん”ことOsamuraiさん。
ミノルさんレンジのムーヴァーとターニングターゲットも彼の手によるものです。

「イラスト入りの懇切丁寧な説明書のお陰で無事に設置できました。リョーちゃんも何度か足を運んでくれたんですよ♫」とミノルさん。

※↑ミノルさんがアイウェアを装用しておりませんが、これはあくまでも「構えのチェックのための据銃」であり、実射は行なっていません。
GM-1グランドマスターベースのAPSライフルもリョーちゃん作。なかなかの格好良さです。
今回、僭越ながら構えをお教えし、スコープの位置や体格に合わせたストックの調整もお手伝いしました。
でもマガジンのバネ送りが不調。フォアエンドレーサーの位置はもっと手前が良いし接着が甘くてガタガタしていたのも残念。リョーちゃん、早めに改修してあげてね(笑)。保護範囲広めのシューティンググラスも必要でしょう。12月にはミノルさん来京されるそうなので、度付きアイウェアについてもコーディネートさせて頂こうと思っております。

JANPS必勝祈願に! との事で、出羽三山神社へお参りに。ミノルさんが飛ばすパジェロミニの後を追いかけます♫

続く……。

====================================================

SAT通販にて発売中!

輝ける新しい時代令和の始まりを、いつまでも残る思い出に。  
Posted by Takeo Ishii at 06:00Comments(0)Shooting/トイガンJANPS/Plate MasterAPS

2019年10月24日

「庄内の巨人」を訪ねて②


山形県の日本海側=庄内平野に位置する鶴岡市で400年続く老舗米農家の本家当主、沓沢 実(くつざわ みのる)さんを訪ねました。

この物凄い射撃場を見て下さい! JANPSの全4ステージとAPSカップのハンドガン&ライフルクラス各3競技×2を全て撃てるだけの公式レベル機材&設備が、幅12m×奥行き25mのビニールハウス内に揃っています!

この射撃場設営のキッカケとなったのが当ブログのこの記事この記事でして、SAT通販でプレートを購入されたミノルさんからのご質問の電話でお話ししたのが交流の契機だったのです。

というわけで早速撃ちます!
10月下旬だというのにビニールハウスだから暖かい〜♫ ガスブローバックも快調そのものです!

続く……。

====================================================

SAT通販にて発売中!

輝ける新しい時代令和の始まりを、いつまでも残る思い出に。

  
Posted by Takeo Ishii at 06:00Comments(0)Shooting/トイガンJANPS/Plate MasterAPS

2019年10月23日

「庄内の巨人」を訪ねて①


沓沢 実(くつざわ みのる)さん。65歳。
山形県の日本海側=庄内平野に位置する鶴岡市で400年続く老舗米農家の本家当主でもいらっしゃいます。

石井が住む埼玉県草加市からはじつに460km! 早暁に出発し6時間のドライブでやっと辿り着いた庄内平野の広大で豊かな風景には圧倒されました。 

10月初めに稲刈りは終わっているそうですが、切り口から新緑がなお勢いよく青々と伸びる田圃。
シベリアから渡来した白鳥たちが群れを成し、一心不乱に落ち穂を拾って食べていました。
「それだけ庄内で育つ稲の根張りが逞しく、土壌も栄養豊かで素晴らしい証拠だよ♫」とミノルさんが教えてくれました。

続く……

====================================================

SAT通販にて発売中!

輝ける新しい時代令和の始まりを、いつまでも残る思い出に。
  
Posted by Takeo Ishii at 06:00Comments(0)Shooting/トイガンJANPS/Plate MasterAPS

2019年10月22日

令和記念/純銀時計


SAT通販先行取り扱い開始!
との事。「関係者はブログ等にて拡散希望!」と編集部から要請されましたので、ご紹介します。
今日=10月22日(火)は新しい時代「令和」の記念すべき日ですからね♫
  
Posted by Takeo Ishii at 13:12Comments(0)日記

2019年10月07日

結果発表〜!PMC@BATON Range


今大会で第1競技Falling Plateのクリーン=48枚満射を達成された方々です!

長時間の試合、本当にお疲れ様でした!

38名/52エントリーで盛大に開催できました。BATON Rangeの素晴らしさも存分に味わって頂けた1日になったと思います。

恒例の歴代名人、射場入りの記念写真。しかしナント! 今回は全名人が第1競技満射を逃すという大波乱になりました。

↑上記、最終リザルトになります。
残念ながら新名人誕生はありませんでした。
また、平場からMasterに昇格された方も今回は居られませんでした。

優勝はムナカタ トシヒコさん。
2位はターゲットワン新宿店で月例のプレートマッチを担当しておられるスエヨシ ケンイチさん。
3位はイマムラ ユウジさんがアイアンサイトで獲得!

↑オープンクラスだけの順位表です。

ニューカマー(初参加)の上位お3方。初めてのPMCマッチ如何だったでしょうか?
1位になったカネコさんは先頃のJSC2019で総合2位になった期待の俊英です。

オープンクラス/リボルバー部門の上位お三方です。

↑アイアンサイトクラスのみの順位表です。

アイアンサイトクラスの上位お三方と、

アイアンサイトクラス/リボルバー部門の上位お三方。

↑タクティカルクラス順位表

1位イマムラさん、2位は大阪から参加して下さいましたエリオぺ優勝経験者でもあるタケダ ケイジさん。

3位は新潟のベレッタ使いホシノ トシエイ第五代名人でしたが、当日は当方のミスでセレモニーウォール前での撮影をして差し上げられず大変申し訳ありませんでした。名人、次回またここでマッチを開催する際にはお願いします♪

射撃仲間「みっくん」から、全員分の差し入れを頂きました。
緊張感ある射撃に極限まで集中した後の脳には高級糖分が心地よかったです。みっくん、ありがとう。

石井が今回、個人的に嬉しかったのは、やはりカネコ カズヤGuntmith BATON店長が6年ぶりに48枚クリーンを達成され、↑の写真の光景が再現された事でしたね〜!

というわけで48枚満射の方々の記念写真をもう一度♪
ウチの奥さんも1発クリーン!で、JANPS優先権を2年延長♪ 向こうしばらくは上機嫌=夫婦円満で一安心です(笑)

最後に次回のPMCですが、12月22日(北新宿MMSでの開催を決定致しました。
詳細は改めてこちらでご案内しますので、皆様日程だけ空けておいて下さいませ。

  

2019年10月06日

本日のタイムスケジュール

いよいよ本日開催です!

The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
Series 2019@BATON RANGE OPEN

10:00 開場&受付開始→フリー練習
11:40~開会式
12:00~15:30 第1競技「Falling Plate」

37名/52エントリー!頂戴致しました。ありがとうございます! 参加者の皆様、本日は宜しくお願い致します、
※追加エントリーや当日キャンセルの可能性もありますので若干の変更はあるかもしれません。
16:00〜 第2競技「Anbidextrous」
17:00 終了予定

※PMCはJANPS委員会により優先エントリー権取得マッチに認定されています。

本日、PMC参加者には2Fのアキュラシーレンジが全面無料開放されます。
プレートレンジでは自分が撃つ直前まで練習可能です。
プレートは8cmが付いていますので、ここで撃っとけば本番の10cmが易しく感じるハズ!

ムーヴァーも撃てます。

APSゾーンでサイト調整もOKです。

バリケとプラクティコゥも撃てますから、JANPSの練習もしちゃいましょう!

文句なしに史上最高のエアソフト射撃場BATON Rangeを皆様にご紹介できます事を、私も心から誇りに思います。
さあ、素晴らしい1日を一緒に過ごしましょう♪



  

2019年10月01日

BATON Range本日OPEN !


この位置で距離30m!しかもこの距離なら常設ってんだから凄いですね〜!
他のレンジに割り込むカタチになりますが40mと50mも可能だそうです。

立派なシューティングベンチまで用意されてます。

というわけで、BATON Rangeが本日OPENされました♪

入って直ぐのところが多目的ベイになってます。レイアウトや区切り方を自由に変えられるので各種スティール系競技やタクティカルトレーニングなどはこちらで、との事。

使用料や会費はこの様になっています。石井は既に「フルロッカー会員」になってます♪

2Fに上がって直ぐの所にAPSカップ専用レンジ。ステージ毎に組み替えにはなりますが、ハンドガンクラスもライフルクラスも両方できます。

2Fの一番奥がJANPS専用レンジ。ムーヴァー、バリケ、プラクティコウの3競技を本番さながらの公式規格ターゲット機材で練習できます。

2Fの真ん中がプレートレンジ。プレートを付け替える事でPMC、JANPS、エリオぺ等に対応。

新生Gunsmith BATON&BATON Rangeスタッフの皆様。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
現在38名/53エントリー!

The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
Series 2019@BATON RANGE OPEN

エントリーフォームはこちら!
開催日:2019年10月6日() 
10:00 開場&受付開始→フリー練習可能
12:00~15:30 第1競技「Falling Plate」
16:00〜 第2競技「Anbidextrous」
17:00 終了予定

内容:横1列に6個並んだ直径10cmのターゲットを撃ち倒す、シンプルで奥が深い競技です。

会場: BATON RANGE
住所: 〒359-0012 埼玉県所沢市坂之下296 
参加費:シングルエントリー¥3,000
ダブルエントリー¥5,000
エントリーフォームはこちら!

競技進行概要
① 第1競技「FALLING PLATE」については後日発表するシューティングオーダー(=撃ち順)通りに進行する。
② 参加者全員が第1競技を終了した時点で、48枚を満射していない者は¥1,000を追加で支払えば再挑戦=「泣き」ができる。
(※但し回数制限アリ/一般参加者=2回。「Master」位保有者=1回。「名人」位保有者=泣きナシ。)
③ 第2競技「ANBIDEXTROUS」は16:00より競技を開始。外した時点で即終了となる「サドンデス形式」で行い、オーダーは第1竸技「FALLING PLATE」の成績下位者からとなる。

Series 2018@6.10 Easy Shoooooting! にて第1競技をクリーン=満射した人だけの記念写真。
さあ、今度はあなたの番です!
エントリーフォームはこちら!

※PMCはJANPS委員会により優先エントリー権取得マッチに認定されています。
エントリーフォームはこちら!