QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
Takeo Ishii
Takeo Ishii
ライター、カメラマン、パフォーマー、射撃場アドバイザー、映画評論家
オーナーへメッセージ

2018年12月05日

第2回ショットガンオペレーターズ②





12.2(神奈川県大和市某所にあるプライベートレンジF.O.B.にて、開催された第2回ショットガンオペレーターズの模様、続きです。

皆様お使いのショットガンですが、F.O.B.メンバーの方々は東京マルイのガスM870がメインでした。
3バレル3チェンバー式で3発同時発射でもパワー弾道共に安定して撃てるのが素晴らしいショットガンです。F.O.B.メンバーの皆様の銃は「BUKIカスタムワークス」によるタクティカルなフィニッシングがされていました。




最大派閥(?)はマルゼンのCA870シリーズですね。
この銃は外観こそショットガンでも事実上「手動式精密ライフル」ですので、命中精度の高さ、コッキングの軽さ、装弾数(発射可能数)もピカイチですし、銃本体が小型軽量なのも魅力です。



マルイのM3もかなりの人数おられました。
ガスM870同様、3バレル3チェンバー式で3発を同時に安定して発射できる利点がありますが、こちらはかなり重いコッキング式なので各自が工夫してカスタマイズを施しておられました。

マルゼンのライブシェル式を使用したのはこちらM1100で出たホシノさんとM870の石井の2人だけでした。
ホシノさんのM1100はかなり古いモデルらしく、残念ながらジャムが多かったです。内部のパーツを2018年モデルのものと換装、さらにパワーの安定した外部ソース式にすればかなり解消されると思います。


本戦終了後は2名づつのチームによるシュートオフ形式のサイドマッチが行われました。

F.O.B.で行われるマッチでしか入手できない商品等もあって、これも参加者の楽しみの一つです。

1位ヒラノさん、2位ヤダさん、私もライブシェル式で頂けるハンデのお陰で3位に入りました。
シュートオフの優勝はイシダさんでした。

第2回ショットガンオペレーターズのオフィシャルリザルトはこちら。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

※12.04現在38名53エントリー!
新名人の誕生なるか!?

The PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP
Series 2018 FINAL@MMS

エントリーフォームはこちら!
開催日:2018年12月9日() 
10:00 開場&受付開始
11:00~16:00 第1競技「Falling Plate」
16:30〜 第2競技「Anbidextrous」
18:00 終了
↓最新シューティングオーダーです。当日までに微調整あります。あくまでも「参考」に。

予想以上の参加人数とエントリー数なので当日は少しでも早く試技を開始し、一人でも多くの方にクリーン=満射♪を達成するチャンスを差し上げたく思いますので、エントリーフィーの事前お振込にご協力下さい。
会場: MMS北新宿
   住所: 〒169-0074 東京都新宿区北新宿4丁目1-9
電話:03-6304-0539
   ※JR「大久保」駅より徒歩3分  

内容:横1列に6個並んだ直径10cmのターゲットを撃ち倒す、シンプルで奥が深い競技です。

競技進行概要
① 第1競技「FALLING PLATE」については後日発表するシューティングオーダー(=撃ち順)通りに進行。
② 参加者全員が第1競技を終了した時点で、48枚を満射していない者は¥1,000を追加で支払えば再挑戦=「泣き」ができる。
(※但し回数制限アリ/一般参加者=2回。「Master」位保有者=1回。「名人」位保有者=泣きナシ。)
③ 第2競技「ANBIDEXTROUS」は16:30より競技を開始。外した時点で即終了となる「サドンデス形式」で行い、オーダーは第1競技「Falling Plate」の成績下位者からとなる。

※PMCはJANPS委員会により優先エントリー権取得マッチに認定されています。
※12.04現在38名53エントリー! 
エントリーフォームはこちら!